plantuml

最強の設計ツールであるPlantUMLをMac/Winでパッケージマネージャーでインストールする方法

PlantUML、UMLを書いて設計するには最高のツールですね。

ただ一つ気に食わないのは、公式のサイトのインストール方法が、Javaをインストールし、jarファイルをダウンロードして使うやり方になっていることです。

実はこのPlantUML、jarをダウンロードしなくても、MacならHomebrewで、WindowsならChocolateyというパッケージマネージャーでインストール可能です。

そっちのほうがパスも通してくれたりして、アップデートやアンインストールも圧倒的に楽です。

Mac の場合は、 Homebrew を利用して

brew install graphviz
brew install plantuml

以上で問題ありません。

Windows の場合は、 Chocolatey を利用して、管理者権限で起動したコマンドプロンプトより

choco install graphviz
choco install plantuml

でインストールできます。これで完了。あとは、

@startuml
Alice -> Bob: test
@enduml 

alice-bob-sequence.wsd というファイルを用意して、コンソールまたはコマンドプロンプトで、

plantuml alice-bob-sequence.wsd

と実行すれば、 alice-bob-sequence.png が同じフォルダ内に保存されます。
このようにして利用することが可能です。

というかこれを公式に書いて欲しい...。

なお、最近はAtomやVSCode、IntelliJでのPlantUMLの拡張が出ていて書きながらプレビューが見れて非常に便利な世の中になりました。昔はプレビュー用vimでコマンド作ったりしていました。

健忘録的にまとめておきました。みなさん良いソフトウェア設計ライフを!