Help us understand the problem. What is going on with this article?

お手軽なzshからfish shellへの移行手順

More than 5 years have passed since last update.

みなさん、fish shellをお使いでしょうか。

sc1.png

綺麗なシンタクスハイライト、ワイルドカードの使えるls、綺麗なサジェスト、履歴管理、WebUIによる設定などとにかく便利なものが多いですね。

何よりすごいのは、デフォルト設定でかなり使えるということです。詳しくできることはこちらの記事を参考に。

数年zshを使い続けて来ましたが、設定のしやすさ、デフォルトの使いやすさ、インストールのしやすさでfish shellが完勝でした。

というわけで、zsh環境からfish shell環境に移行する時にやっている手順を健忘録的に以下にまとめます。

移行手順

  1. http://fishshell.com/ のプラットフォームに合わせたやり方でインストール
  2. cp $HOME/.zshrc $HOME/.config/fish/config.fishで設定をコピる
  3. vim $HOME/.config/fish/config.fishでzsh依存の処理の行を削除
  4. PATHの設定を%s/export /set -x /gc%s/PATH=/PATH /gc$s/:/ /gcという置換コマンドで確認しつつ置換
  5. chsh -s /usr/local/bin/fish でシェルを変更
  6. シェルを立ち上げ直した後、fish_configを実行してブラウザで見た目設定

以上

手順4は、
export PATH=$HOME/activator/activator-1.2.12/:$PATH
の表記を
set -x PATH $HOME/activator/activator-1.2.12 $PATH
にしてexportコマンドをfish shellのset -x形式に置き換えることをしています。無論bashからの移行も.zshrc.bashrcに変えるだけで良いかと思います。

ちなみに自分は、サジェストをCtrl+fで保管できる、Ctrl+pCtrl+nでデフォルトで履歴が見れるのが便利で多用しています。zshだといろいろ設定して使えるようにしなきゃいけない機能でした。

なお、お気に入りのレイアウトはこれですね。

fish shell configuration.png

では、良いfish shellライフを!

sifue
N高等学校でプログラミングを教えているプログラマーで、学園のIT担当。「高校生からはじめる プログラミング」著者 ( https://www.amazon.co.jp/dp/4046019557/ ) 。 言語: Scala/JavaScript/Java ゲーム: LoL/フォトナ/クラロワ
https://www.soichiro.org/
dwango
Born in the net, Connected by the net.
https://dwango.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした