AWS
機械学習
SageMaker

AWSの機械学習エンジニアの認定試験

AWSの認定資格に新しく機械学習向けのものが出来たそうなので、その概要メモ


概要


The AWS Certified Machine Learning - Specialty certification is intended for individuals who perform a Development or Data Science role. It validates a candidate's ability to design, implement, deploy, and maintain machine learning solutions for given business problems.



必要知識


  • AWS上での1-2年の実務経験(開発、設計、ML運用)

  • 機械学習アルゴリズムの基礎を説明できること

  • ハイパーパラメータの最適化の経験があること

  • ML/DNNフレームワークの経験があること

  • モデル訓練のベストプラクティスに従えること

  • デプロイ・運用のベストプラクティスに従えること


試験の注意点


  • 選択式(択一回答・複数回答)

  • 未回答の問題は不正解扱い

  • 統計調査用の問題が混じっている(採点されないし、試験の合否に影響しない)

  • 750/1000点で合格


試験内容


  • データの取り扱い(Data Engineering)


    • データリポジトリ作成

    • データ統合の判断と実装

    • データ転送の判断と実装



  • 探索的データ分析(EDA)


    • データクリーニングと準備

    • 特徴量エンジニアリング

    • データ分析・可視化



  • モデリング


    • 機械学習のビジネス課題への当てはめ

    • 課題に対するモデル選択

    • モデル学習

    • ハイパーパラメータ最適化

    • モデル評価



  • ML実装・運用


    • 機械学習ソリューションの構築(性能・可用性・スケーラビリティ・復旧・耐障害性)

    • 課題に対する適切な機械学習サービスの推薦と実装

    • 機械学習に対するAWSのセキュリティプラクティス適用

    • デプロイと運用




出そうなサービス


  • EMR

  • DyanamoDB

  • Redshift

  • QuickSight

  • Athena

  • Kinesis

  • Glue

  • SageMaker