Android
Flutter

既存のプロジェクトにFlutterを追加する

まえがき

 既にJava/Kotlinで制作されている旧来のプロジェクトに後からFlutterを導入する方法を調べました。
詳細はブログにも書いていますので、こちらも参考にしてみてください

注意点

 この方法は 開発中 の機能を使います。そのデメリットをよく理解した上で参考にしてください。

方法

この記事を参考にして行います。試しに行ってみたリポジトリがこちらになります。

  1. Flutterのブランチをmasterに切り替える
    この機能はmasterブランチにのみ取り込まれています。betaalphaなどを使っている場合はこちらに切り替える必要があります。

  2. Flutterモジュールを作る

    flutter create -t module {{module_name}}
    

    参考元では既存プロジェクトの一つ上のパスで作っています。

  3. 既存プロジェクトのsettings.gradleを編集する
    参考元を踏襲して既存プロジェクトの一つ上のパスにFlutterモジュールを作った場合は以下を追記

    setBinding(new Binding([gradle: this]))
    evaluate(new File(
        settingsDir.parentFile,
        '{{module_name}}/.android/include_flutter.groovy'
     ))
    

    evaluate()に使いたいFlutterモジュールのinclude_flutter.groovyを指すFileクラスのインスタンスを渡すようにしてください

  4. 既存プロジェクトのapp/build.gradleを編集する

    dependenciesに以下を追記

    implementation project(':flutter')
    

これで既存プロジェクトでFlutterを扱えるようになりました。Flutter.createView()を使うことでFlutterで作られたViewを得ることができます。

参考