Help us understand the problem. What is going on with this article?

Visual Studio Code で Salesforce の開発環境を構築する

Visual Studio Code (VS Code)の Salesforce 拡張機能は、オープンソースでありオフィシャルのプロジェクトで、ローカルでの Salesforce 開発ツールのデファクトスタンダードとなっています。この記事では、VS Code と公式の拡張機能を用いた開発環境の構築手順と基本的な操作方法を紹介します。なお、VS Code 自体はインストール済みの前提です。

設定手順

1. Salesforce CLIをインストール

設定ガイドに従って Salesforce CLI をインストールします。以下のコマンドで、Salesforce CLI のプラグインバージョンが44.0以上であることを確認してください。

sfdx plugins --core

salesforcedx 44.2.2 (core)のように出力されていればOKです。

2. VS Codeに拡張機能のインストール

Salesforce Extensions for VS Code をインストールします。

3. ローカルにプロジェクトを作成する

コマンドパレットを開き(Ctrl+Shift+P/Cmd+Shift+P)、SFDX: プロジェクトを作成 (Create Project) を選択します。
SFDX Create Project

続いてテンプレートを選択します。これは初期作成されるフォルダの構成を決めるものですが、最初は 標準 (Standard) を選択してOKです。
SFDX Create Project (select template)

プロジェクト名を入力後、保存先のフォルダを選択しプロジェクトを作成すると、入力したプロジェクト名で以下の通りディレクトリ・ファイルが生成されます。ちなみに、SFDX: マニフェストファイルを使用してプロジェクトを作成 を使用すると、manifest フォルダと package.xml が作成されます。既にある package.xml を使用してプロジェクトを移行する場合はそれで置き換えてください。

your-project-name
├── .forceignore
├── .sfdx
├── .vscode
│   └── settings.json
├── README.md
├── config
│   └── project-scratch-def.json
├── force-app
│   └── main
│       └── default
│           ├── applications (アプリケーション)
│           ├── aura (Aura コンポーネント)
│           ├── classes (Apex クラス)
│           ├── contentassets (アセットファイル)
│           ├── flexipages (Lightning ページ)
│           ├── layouts (ページレイアウト)
│           ├── lwc (Lightning Web コンポーネント)
│           ├── objects (オブジェクト定義)
│           ├── permissionsets (権限セット)
│           ├── staticresourses (静的リソース)
│           ├── tabs (タブ)
│           └── triggers (Apex トリガ)
├── scripts
│   ├── apex
│   │   └── hello.apex (匿名実行のサンプル)
│   └── soql
│       └── account.soql (SOQLのサンプル. 開発者コンソールのクエリエディタの代替)
├── .forceignore
├── .gitignore
├── .prettierignore
├── .prettierrc
├── README.md
└── sfdx-project.json

4. 組織に接続

コマンドパレットから、SFDX: 組織を認証 (Authorize an Org) を選択し、組織の名称を入力(任意の名前でOK)します。
SFDX authorize an org

続いて、接続したい組織の種別を選択します。
login url

直後にブラウザが起動しますのでその組織にログインします。VS Code で以下のように出力されていれば接続できています。

Successfully authorized xxxx@exmaple.com with org ID 00DXXXXXXXXXXXXXXX
You may now close the browser

5. メタデータの取得とデプロイ

Org Browser (組織のブラウザ)

Sandbox や Developer Edition の場合 (スクラッチ組織ではない場合)、サイドバーの雲のアイコンから、接続された組織上にあるメタデータの一覧を確認し、ローカルにダウンロードすることができます。
Org Browser

エクスプローラ

エクスプローラで対象のフォルダやファイルを右クリックするとSFDX: 組織からソースを取得 (Retrieve Source from Org)SFDX: 組織へソースをデプロイ (Deploy Source to Org)が利用できるようになっているはずです。
スクリーンショット 2019-12-21 16.19.51.png

知っておくと便利な機能

ファイル保存時の自動デプロイを有効化する

設定の Salesforce Feature Previews から、Push-or-deploy-on-save を Enabled にすると、ファイル保存時に自動的に接続先の組織にソースコードがデプロイ(プッシュ)されます。デプロイ結果は手動実行時と同様に [出力] タブで確認できます。
スクリーンショット 2019-12-22 15.41.54.png

あるいは、 .vscode/settings.json を直接編集して "salesforcedx-vscode-core.push-or-deploy-on-save.enabled": true を追加しても構いません。

接続先の組織を追加する・切り替える

Default org picker
接続先の組織のエイリアスがフッターに表示されますので、これをクリックすると、コマンドパレットに登録済みの組織が一覧表示されます。一覧で選択した組織がそのプロジェクトでのデフォルト組織に切り替わります。+SFDX: 組織を認証 (Authorize an Org) から新しく組織を登録することもできます。

接続先の組織をブラウザで開く

フッターのウィンドウアイコンをクリックするか、コマンドパレットから SFDX: デフォルトの組織を開く (Open Default Org) を実行すると、ブラウザでデフォルトの組織を開きます。
スクリーンショット 2020-04-27 22.49.33(2).png

リファクタリング

  • 変数、メソッド等にカーソルを合わせた状態でF2または右クリック→シンボルの名前変更 (Rename Symbol)でリネームできます。
  • リテラル値にカーソルを合わせた状態で行頭に表示されるQuick Fixウィジェット(💡)をクリックして、Extranct Constantを選択すると選択したリテラルを定数(public static final)に変換できます。

トラブルシューティング

組織を認証する際にブラウザが起動しない

Windows + Google Chrome の場合にブラウザが起動しない既知の不具合があります。解消されるまでは Chrome 以外のブラウザをデフォルトにする必要がありそうです。

Apex Code Editor が上手く動作しない

Java 8 または 11 が必要になりますので、最新版のJavaを利用されている方は、以下の記事を参考にsalesforcedx-vscode-apex.java.homeにJava 8または11のパスを設定してください。
https://qiita.com/maratto/items/2d8b09da80fa5051c551#salesforce%E6%8B%A1%E5%BC%B5%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

移行時にメタデータがうまく取得されない

package.xml の記載が正しいかを再確認し、初回取得時は package.xml を右クリックしてSFDX: Retrieve Source in Manifest from Orgを実行してください。

メタデータ取得時に UNSUPPORTED_API_VERSION のエラーが表示される

package.xml のAPIバージョンが組織のAPIバージョンを上回っていないか確認してみてください。スクラッチ組織の場合は sfdx-project.jsonsourceApiVersion を確認してください。

コマンドが見つからないもしくは command 'sfdx.force.auth.web.login' not found のように表示される

開いているフォルダの直下にsfdx-project.jsonがあることを確認してください。プロジェクトを作成した直後や、VS Codeを起動した直後は拡張機能が読み込まれるまでに少し時間がかかりますので、数十秒待ってから再実行してみてください。

おわりに

  • Salesforce Extensions for VS Code は単にメタデータの取得・デプロイが出来る拡張機能ではなく、Salesforce CLI の多くのコマンドを統合するパッケージ (Salesforce CLI Integration for VS Code) を含んでおり、SOQL の実行や Apexの テスト実行・匿名実行などが可能です。VS Code から実行可能な Salesforce CLI のコマンドについてはこちらから確認してください。
  • Apex テストの実行方法やデバッグ方法については、「Visual Studio CodeでSalesforceのApexテストを実行・デバッグする」も参考にしてください。
  • お好みでキーボードショートカットの設定もどうぞ。

参考リンク

accenture
ストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの5つの領域でサービスを提供する総合コンサルティング企業
https://www.accenture.com/jp-ja/new-applied-now
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away