Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

herokuでwww.なし独自ドメインの爆速構築

はじめに

10分くらいで設定が完了します。

前提

  • ドメイン取得済み
    • 今回はお名前.comで取得している前提となります
  • herokuアカウント取得済み

heroku側設定

Add-onsにPointDNSを追加しましょう。
スクリーンショット 2020-06-28 14.32.25.png

PointDNSを開き、取得したドメイン名をDomain Name欄に入力して追加しましょう。
この記事では例としてドメイン名をqiita-article.jpとします。

追加後、詳細を見ると下記のように、SOAとNSレコードが設定されていると思います。

Type Name Data
SOA qiita-article.jp. dns8.pointhq.com. admin.pointhq.com. ...
NS qiita-article.jp. dns8.pointhq.com.
NS qiita-article.jp. dns12.pointhq.com.
NS qiita-article.jp. dns15.pointhq.com.

確認できたらAdd recordsからCNAME レコードと ALIAS レコードを追加していきます。

  • Record type: CNAME
    • Name: www.qiita-article.jp
    • Hostname: qiita-article-production.herokuapp.com
      • herokuのアプリ名を入力します(heroku管理画面のOpen app押した時に表示されるURL)
  • Record type: ALIAS
    • Name: qiita-article.jp
    • Target: qiita-article-production.herokuapp.com

以下のような設定になっていればPointDNSの設定は完了です。

Type Name Data
SOA qiita-article.jp. Data
qiita-article.jp. dns8.pointhq.com. admin.pointhq.com. ...
ALIAS qiita-article.jp. qiita-article-production.herokuapp.com.
CNAME www.qiita-article.jp. qiita-article-production.herokuapp.com.
NS qiita-article.jp. dns8.pointhq.com.
NS qiita-article.jp. dns12.pointhq.com.
NS qiita-article.jp. dns15.pointhq.com.

次にherokuの管理画面に戻り、Settings画面のDomainsにドメインを追加します。

www付きとwwwなしのドメインを追加しましょう。

  • www.qiita-article.jp
  • qiita-article.jp

これでheroku側の設定は全て完了です。

お名前.com側設定

お名前.comのログインし、ドメイン詳細ページにネームサーバー情報があるので、ネームサーバーの変更 からネームサーバーの変更を行います。

スクリーンショット 2020-06-28 15.16.46.png

ネームサーバーの選択をその他のネームサーバーを使うを選択し、PointDNSのNSレコードのDataの値を全て入力します。確認して設定完了します。

以上で全て完了です。
しばらく時間をおくとアクセスできるようになります。

おわりに

herokuだけだとwww.なしの設定はできないという記事を多く見かけましたが、かなりシンプルに設定できたかと思います。いいherokuライフを。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away