Git
repository
local

gitの基本的なこと

駆け出しのプログラマーとして、gitを使ってみたかったので、調べながら使ってみたことをまとめました

まず、mkdirでディレクトリを作る
$mkdir git_pra

次に何でもいいから、テキストファイルを作成
$touch pra.txt

このディレクトリでgitを使うために
$git init

これで、準備完了
$ls -a
でチェックしてみて、
. .. .git
が出て来たら、成功

ここから、pra.txtの内容を変更、保存して、
$git status
すると赤文字で、pra.txtが表示される

変更があるけど、stagingされてないよ。って感じだと思う。
だから、
$git add pra.txt
でステージング
再度
$git status
すると、今度は緑色で表示されるから、コミットする準備ができたよーって感じだと思う。
そこで、
$git commit -m "何かコミットメッセージ"
これでコミットは完了
$git log
で確認したら、しっかりコミットされてる!!

今回はgitの基礎の基礎、コミットまでだけまとめてみました。
今後は、ブランチ切ったり、マージしたりってことをやっていきたいと思います。
リモートリポジトリはまだ、もう少し先かなぁ…