Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubでアプリケーションを管理する手順

アプリケーションを開発する上で、GitHubで内容を管理し作業を進めていきます。
自身の備忘を踏まえ、GitHub Desktopを使ったアプリケーション管理の手順を記載していきます。

1.アプリケーションを立ち上げよう

今回は、「myappli」というアプリケーションを題材に進めていきます。

ターミナル
$ cd ~/projects
$ rails new myappli -d mysql
$ cd myappli
$ rails db:create

これでアプリケーションのベースは完成です。

2.ローカルリポジトリを作成してコミットしよう

次に作成した、myappliをGitで管理できるようにして、ローカルリポジトリとします。

myappli をローカルリポジトリにしましょう

手順1
1. GitHub Desktop から myappli のローカルリポジトリを作成
2. Current Repository」→「Add」→「Add ExistingRepositoryを選択
3. Choose...をクリックprojects  myappli を選択→「Add Repositoryをクリック

※「Add Repository」がクリックできない場合、以下の作業を行なった後、再度、「ローカルリポジトリを作成」の作業を行いましょう。

ターミナル
$ cd ~/projects/myappli
$ git init

rails のバージョンによっては rails new 時に git init がされないケースがあるからです。

手順2
コミットをしましょう

ローカルリポジトリにある全てのファイルを選択してコミットしましょう。
コミットメッセージは、「Initial commit」としておきましょう。

3.リモートリポジトリを作成しよう

リモートリポジトリを作成します。今回は、GitHub Desktopで作成したローカルリポジトリをプッシュする方法でリモートリポジトリを作成していきます。
先ほど、「Initial commit」とコミットしたので、これをリモートリポジトリに反映させましょう。
現状まだリモートリポジトリを作っていないのですが、GitHub Desktop では、リモートリポジトリが作られていない場合に自動的にリモートリポジトリも作ってくれます。便利ですね。

GitHubDesktop
右上のPublish repository ボタンをクリック
Name(リポジトリ名) myappliそのまま
 リポジトリを非公開にしたい[Keep this code private]にチェックがあるまま
 リポジトリを非公開にしなくていい[Keep this code private]のチェックは外す
[Publish repository]ボタンをクリック

GitHub のリモートリポジトリが作成できます。

これで完成です。

確認
GitHub のマイページ、トップページに移動。
GitHub の Your repositories の欄に myappli があれば上手く行っています。

以上でGitHubでアプリケーションが管理できます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away