Edited at

Gitのリモートリポジトリどこにするか


Gitホスティングサービス選び

リモートリポジトリの設置場所Gitホスティングサービスと呼称するそうです。

GitといえばGitHubにリモートリポジトリを作るものかと思っていましたが、

よくよく調べてみたら色々ありました。

以下、メジャー?なGitホスティングサービスを調べました。

自分の基準は無料か有料か、プライベートかフルオープンか、上限の有無はどうか。


GitHub

Webサービス型

無料でリポジトリを作成できる。

プライベートリポジトリは有料。(学生、先生なら無料)

プライベートじゃない場合は他の人がリモートリポジトリを閲覧、ダウンロードできる。

プルリクエストも出せる。

就活でアカウントがあると有利とか諸説あり。

SESでエンジニアやってると必ずぐらい触る機会あり。


Bitbucket

Webサービス型。

無料でリポジトリを作成できる。

プライベートリポジトリも5つまで無料。

プライベートリポジトリはSSH接続、https接続選択できます。

プルリクエストも出せる。

2GBを超えるとハードリミット(コミットの削除とコミットを戻すことしか出来なくなる)。

LargeFileStorage(画像など大きいファイルを配置するストレージ)は無料プランでは1GB。お金払うと増やせる。


GitLab

インストール型。

GitLabはGitHubのクローンプロジェクト。(オープンソースのGithub)

セルフホスト。(自前のサーバーに自分でホスティングする必要あり)

自分で設定する必要あるが、サーバーから自前で用意したものになるのでサーバー次第で特に制限なし。

日本語対応。


GitBucket

インストール型。

GitLabと同じセルフホスト。

GitBucketはScalaで実装されており、Javaサーブレットとして動作する。

GitLabより軽くて早いらしい。

日本語非対応。


Assembla

Webサービス型。

プライベートリポジトリを無償で持つことができる。

プライベートリポジトリ無制限。

メンバー無制限

プルリクエストも出せる。

SSHなし。


各種レンタルサーバー

git用のGUIとか不要な人(コマンドでgitを使ってる人)。

レンタルサーバーにsshでログインを行い、gitホスティングの設定すればリモートリポジトリを作れる。

例:https://qiita.com/shu1rou/items/ad70aee1d0c8f20a9feb


結局これにした

・よくよく考えたらGUIもgitのWebサービスも使ってないし要らない。(一人だからw)

・オンプレミスを用意するのが面倒。(一人だからw)

・レンタルサーバ(有料)だから他に払ったり管理することを考えなくて良い。

・deployするのもどうせ同じ場所。

・自分のレンタルサーバなのでプライベートは担保されてる。

・一括管理することになるので上限とか気にしないで済む


その他

他にもPhabricatorとかありましたが下記の記事を参照。

無料で使える! Gitのホスティングサービス5つ

https://www.find-job.net/startup/5-git-hosting