Edited at

よく使うcurlコマンドのオプションまとめ(14個)

個人的によく使うcurlコマンドのオプションをまとめました


認証情報の付与

# basic認証のかかったサイトにアクセス(-uもしくは--user)

$ curl -user USER_ID:PASSWORD http://www.example.com/

# NTLM認証もしくはDigest認証のかかったサイトにアクセス(--anyauth)
$ curl --anyauth --user USERID:PASSWORD http://www.example.com/


データの付与

# フォームの送信(-dもしくは--data)

$ curl --data FORM_ID=VALUE http://www.example.com/

# フォームからファイルのアップロード(-Fもしくは--form)
$ curl --form FORM_ID=@example.png http://www.example.com/

# User-Agentを付与(-A)
$ curl -A "USER_AGENT" http://www.example.com

# クッキーの送信(-b)、保存(-c)
$ curl -b cookie.txt -c cookie.txt http://www.example.com/

# HTTPヘッダーの指定(-headもしくは--head)
$ curl -H "KEY: VALUE" http://www.example.com/

# HTTPBodyにパラメーターを設定してPOST、ファイルで指定する場合は@ファイル名とする
$ curl -d "KEY=VALUE"
$ curl -d @FILE_NAME


動作の指定

# HTTPメソッドの指定(-X)

$ curl -X PUT http://www.example.com/

# SSLのエラーを無視して処理を継続(-k)
# (サーバー側証明書が不正、クライアント側のルート証明書が不正など)
$ curl -k http://www.example.com/

# リダイレクトさせる(-L)
$ curl -L http://www.example.com/


情報確認(デバッグ系)

# HTTPレスポンスヘッダーの取得(-I)

$ curl -I http://www.example.com/

# 詳細をログ出力(-vもしくは--verbose)
$ curl -v http://www.example.com/

# 進捗やエラーを表示しない(-sもしくは--silent)
# (curlの結果をパイプで次のコマンドに渡す際に、通信時間のデータなどが邪魔にならないようにする)
$ curl -s http://www.example.com/


参考