Edited at

RubyMineよく使う機能

Rubymineで個人的によく使う機能のまとめです。

デフォルトでも十分なRubymineですが、よく使うキーマップを変更したり、設定を自分好みに変更するとより使いやすくなると思います。


Keymap


  • Keymapの構成

image.png

No
大項目

1
Editor Actions

2
Main menu

3
Tool Windows

4
External Tools

5
Version Control Systems

6
Rake

7
Generators

8
Remote External Tools

9
Macros

10
Quick Lists

11
Plug-ins

12
Other


1.Editor Action

名前
key map
説明

Cut up to Line End
CTRL + K
末尾まで切り取る

Right
→ , CTRL + F
右へ

Left
←, CTRL + B
左へ

Move Caret to Code Block Start
Opt + Cmd + [
ブロックのスタートにジャンプ

Move Caret to Code Block End
Opt + Cmd + [
ブロックのエンドにジャンプ

Move Caret to Line Start
CTRL + A
行の先頭に移動

Move Caret to Line End
CTRL + E
行の末尾に移動

Coose Lookup Item and Insert Dot
CTRL + .
先頭の補完候補を選択して.も記入


2.Main menu


Run

名前
key map
説明

Debug
CTRL + D
デバッグ実行


Help

名前
key map
説明

Find Action
Shift + Cmd + A
全てのアクション検索


View

名前
key map
説明

Quick Definition
Opt + Space
ポップアップでソース参照

Quick Documentation
F1 , CTRL + J
ポップアップでドキュメント参照


Navigate

名前
key map
説明

Class...
Cmd + O
プロジェクト内のクラス名で検索

File...
Shift + Cmd + O
プロジェクト内でファイル名で検索

Symbol...
Opt + Cmd + O
プロジェクト内で変数名、メソッド名などで検索?

Test
Shift + Cmd + T
テストにジャンプ

File Structure
Cmd + F12
クラスのメソッド、フィールドを見れる。さらにmodelではカラムも見れる

Type Hierarchy
CTRL + H
タイプヒエラルキー

Back
Cmd + [
戻る

Foard
Cmd + ]
進む

Last Edit Location
Ctrl + Cmd Backspace
最後の編集に戻る

Declaration
Cmd + B
定義へジャンプ

Implementation(s)
Opt + Cmd + B
継承しているクラスへジャンプ

Toggle Bookmark
F3
ブックマークのつけはずし

Show Bookmark
Cmd + F3
ブックマークリスト

Related Symbol
Ctrl + Cmd + ↑
view,model,controller,testへジャンプ


Code

名前
key map
説明

Reformat Code
Opt + Cmd + L
フォーマットをきれいにする

Fold Selection
Cmd + .
コードをおりたたむ

Comment with Line Comment
Cmd + /
#でコメントにする

Comment with Block Comment
Opt + Cmd + /
=begin =end でコメントにする


Window

名前
key map
説明

Select Next Tab
Shift + Cmd + ]
次のタブ

Select Previous Tab
Shift + Cmd + [
前のタブ

Move Down

下分割

Move Right

右分割

Move To Opposite Group

別のウインドウに移動

Close Others

他のタブを閉じる


Edit

名前
key map
説明

Find Usage
Opt + F7
使われている箇所を表示

Show Usage
Opt + Cmd + F7
使われている箇所をポップアップで表示

Add Selection for Next Occurrence
CTRL + G
検索時に次のヒットに進む

Copy Paths
Shift + Cmd + C
フルパスコピー

Copy Reference
Shift + Cmd + Option + C
相対パス + Lineナンバー コピー


Refactor

名前
key map
説明

Refactor this
Ctrl + T
リファクタメニューを表示


Tools

名前
key map
説明

Run Rake Task
Opt + R
rake task実行

Run Rails Generator
Opt + Cmd + G
migrate実行


3.Tool Windows

名前
Shortcut
説明

Version Control
Cmd + 9
gitのlocalchangesやlogを確認できる


5. Version Control Systems

名前
key map
説明

Show Local Changes
-
ローカルの変更を表示

Show History
-
ヒストリーを表示

Annotate
-
Git Blame


12.Other

名前
key map
説明

Search Everywhere
Shift 2回
色々検索

Open source in new window

新しいwindowで開く

Terminal

Terminalを開く

Database Console

データベースコンソールを開く

Switch to Controller

Controllerへジャンプ

Switch to Model

Modelへジャンプ

Switch to View

Viewへジャンプ


Editor


1. General

設定箇所
説明

Editor > Generl > Use original line's indent for wrapped parts
折り返しの時にインデントする

Editor > General > Ensure line feed at file end on Save
保存時にファイルの最終行に改行を入れる

Editor > General > Change font size with Command+Mouse Wheel
マウスで拡大する

Show quick documentation on mouse move
マウスオーバーでドキュメント表示


General > Appearance

名前
初期設定
説明

Show method separators
チェックなし
メソッド毎に線を表示


General > Code Completion

コード補完に関する設定はここ


2. Color Scheme

私はマテリアルテーマプラグイン

https://plugins.jetbrains.com/plugin/8006-material-theme-ui

を入れ、テーマを複製して微調整しています。

調整している箇所

設定内容
設定箇所
元の色

デフォルト文字色
Editor > Color Scheme > General > Default text > Foreground
EEFFFF

背景色
Editor > Color Scheme > General > Default text > Background
212121

メソッドの引数
Editor > ColorSchema > Ruby > Parameter

ローカル変数
Editor > ColorSchema > Ruby > Local Variable

ローカル変数
Editor > ColorSchema > CoffeeScript > Local Variable

{}/()/[]
Editor > ColorSchema > Language Defaults > (Braces/Parentheses/Brackets)

検索ヒット
Editor > ColorSchema > General > Search Results > Search result

検索ヒット
Editor > ColorSchema > General > Search Results > Search result(write access)

検索ヒット
Editor > ColorSchema > General > Search Results > Text search result

LineNumber
Editor > ColorSchema > General > Code > Line number

背景色
Editor > Color Scheme > General > Text > Default text > Background

文字色
Editor > Color Scheme > General > Text > Default text > Foreground

縦線
Editor > Color Schema > General > Guides > Editor > Hard Wrap guide

インデント縦線
Editor > Color Schema > General > Guides > Editor >  Indent guide

インデント縦線選択中
Editor > Color Schema > General > Guides > Editor >  Indent guide selected

メソッド横線
Editor > Color Schema > General > Code >  Method separator color

ドット
Editor > Color Schema > Ruby >  Dot

カンマ(Ruby)
Editor > Color Schema > Ruby > Comma

インスタンス変数
Editor > Color Scheme > Ruby


3. Vim Emulation

Shortcut
IDE Action
Handler

CTRL + A
Move Caret to Line Start
Vim

CTRL + E
Move Caret to Line End
Vim

CTRL + H
Type Hierarchy
Vim

CTRL + N
Down
Vim

CTRL + P
Up
Vim

CTRL + T
Refactor This
Vim


Plugins

自分が入れているプラグイン

- ideavim

- Railways

- Material Theme UI


設定画面以外の設定や使い方メモ


Projectペイン

image.png


  • Project


    • ファイルツリー。



  • Rails


    • Railsプロジェクト専用の表示。



  • Change Files


    • コミット未済の変更ファイル。



設定

名前
key map
説明

Autoscroll from Source
off
今開いているファイルに応じてソースツリーを開いてくれる


Structureペイン

Structureはコード全体が把握しやすいので、常に右に表示するようにしています。

specファイルも構造が表示されるので大変便利。

image.png


検索範囲対象外とする

除外するフォルダで右クリック→Mark Directory As→Excluded

preferences(cmd + ,)→Project StructureにあるExcluded Folderに除外ファイルが表記されている。

×をクリックすれば除外を解除できる。


スクラッチ

メモ

Cmd + Shift + N

image.png


Github連携

内容
使い方

Githubで開く
ファイルで右クリック > Open On Github


Terminal等のウィンドウを閉じる


  • Shift + ESC

  • Command + W