Help us understand the problem. What is going on with this article?

VimでSwiftのSyntax Highlight

More than 3 years have passed since last update.

VimでSwiftの環境を整えたい

Swiftは良い言語ですよね。

ただXcodeに依存しちゃってる感があるのが残念です。

やはりXcode userの98%くらいの人はVimでSwift書きたいんじゃないでしょうか。

というわけでVimでSwift環境をどうにかしたいと思います。

どうにかできる保証はないです。

肝心の実行環境はxcrunが最初から使えるので何とかなります。

Syntax highlight

重要ですね。

swiftのsyntaxのpluginなのですが、githubにいろいろありました。

しかし、2.0以降に対応できていなかったりとアレだったのと、

appleの公式リポジトリにVimのftpluginがあったので、
そちらを使いたいと思います。

以下、NeoBundleの設定です。
余談ですがNeoBundleからdein.vimに乗り換えると闇の力を得られるそうです。

リポジトリを直接指定できないので、手動でディレクトリを掘りましょう。

簡単のため、こんな感じで

$ mkdir ~/.vim/bundle/manual

ディレクトリ名は何でも大丈夫です。

.vimrcに以下を記述します。

NeoBundle 'apple-swift', {'type': 'nosync', 'base': '~/.vim/bundle/manual'} 

今回はapple-swiftにしてみました。ここは何でも大丈夫です。
base以下もお好みで大丈夫です。

baseで指定したディレクトリに移動し、cloneします

$ cd ~/.vim/bundle/manual
$ git clone git@github.com:apple/swift.git apple-swift

結構時間かかります。

終わったら以下のコマンドを打ちます。
swift.gitリポジトリからutils/vimだけ取り出します。

$ cd apple-swift
$ git filter-branch --subdirectory-filter utils/vim HEAD

これでSyntax highlightが動きます。

完成

こんな感じ
ソースはどっかからコピペしました

swift-syntax.png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away