search
LoginSignup
51

More than 5 years have passed since last update.

posted at

OpenSSHの警告メッセージを出さないようにする方法

下記の時に、こういった警告メッセージを出させないようにする方法です

  • 初めてのホストに接続した時
  • 接続先ホストのフィンガープリントが変わった時

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

リモートサーバへsshで接続する時にオプションで警告出さないようにする

sshコマンドのオプションで警告出さないようにするパターン

$ ssh -o StrictHostKeyChecking=no -o UserKnownHostsFile=/dev/null server_name

configで設定するパターン

$ vim ~/.ssh/config
host *
        StrictHostKeyChecking no
        UserKnownHostsFile=/dev/null

StrictHostKeyCheckingのオプションについて

簡単な設定項目
オプション 意味
ask(default) 確認させる
yes 接続しない
no 接続する

UserKnownHostsFileのオプションについて

/dev/nullを指定することで、readしても空なので、新規ホストに接続した時と同じ挙動になります。
新規ホストに接続後、ホスト情報をwriteしても何も起きないので、既存のknown_hostsファイルに影響を与えることもありません。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
51