Posted at

OpenSSHの警告メッセージを出さないようにする方法

More than 3 years have passed since last update.


下記の時に、こういった警告メッセージを出させないようにする方法です


  • 初めてのホストに接続した時

  • 接続先ホストのフィンガープリントが変わった時


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


リモートサーバへsshで接続する時にオプションで警告出さないようにする


sshコマンドのオプションで警告出さないようにするパターン

$ ssh -o StrictHostKeyChecking=no -o UserKnownHostsFile=/dev/null server_name


configで設定するパターン

$ vim ~/.ssh/config

host *
StrictHostKeyChecking no
UserKnownHostsFile=/dev/null


StrictHostKeyCheckingのオプションについて


簡単な設定項目

オプション
意味

ask(default)
確認させる

yes
接続しない

no
接続する


UserKnownHostsFileのオプションについて

/dev/nullを指定することで、readしても空なので、新規ホストに接続した時と同じ挙動になります。

新規ホストに接続後、ホスト情報をwriteしても何も起きないので、既存のknown_hostsファイルに影響を与えることもありません。