search
LoginSignup
22

posted at

updated at

AWSを触らずに「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト」に合格した話

はじめに

この記事では、AWSを触ったことが無い方でも資格取得できる方法を紹介いたします。
ほとんどAWSやネットワークの知識がない私でも取得できたので、気楽に取り組んでみてください!

(受験申込に関しては、こちらを参考にしてみてください。)

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイトについて

概要


「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト」はAWS認定資格の中でも
1年間以上の実務経験が求められる試験です。(以下、公式より引用)

AWS Certified Solutions Architect – Associate は、AWS における、可用性があり、コスト効率が高く、高耐障害性で、スケーラブルな分散システムの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つ方を対象としています。この試験を受ける前に、以下のことをお勧めします。

必要な知識

AWSのさまざまなサービスの知識に加えて、AWSが掲げているベストプラクティスについての知識が求められます。

試験要項

  • 試験時間
    • 130分
  • 受験料
    • 16500円
  • 合格ライン
    • 72%(65問なので47問で合格)

勉強方法

使用教材(4000円程)

  1. AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト 改訂第2版
    1. 第2版と第1版でテスト範囲が変わっているため、第2版をご準備ください。
  2. 【2022年版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)
    1. セールで購入すれば、2000円程です!

勉強期間・時間

年末から年明けにかけて勉強して、資格取得いたしました!

  • 期間
    • 約2週間
  • 時間
    • 計70時間ほど
      • 平日3時間
      • 休日6時間

勉強方法

テキスト(計30時間)

まずはテキストからがおすすめです!
テキストでは、ソリューションアーキテクトアソシエイトの説明から始まり、
試験範囲の全体像を掴みやすい構成となっています。

1章ごとに以下の方法で読み進めていました。

  1. 小テストを解く
  2. 解説を読む
  3. 疑問を持った状態でテキストの説明を読む
  4. 小テストを解き直す

復習は、前日にやった小テストを解きなおしてから、
新しい問題に取り組む程度で、先に進むことを優先していました。

Udemy模擬試験(40時間)

こちらはテキストの模擬試験に比べて、かなり難しい内容となっていますが、
本番とほとんど変わらない難易度となっているため、
80パーセント近くは取れるようになる必要があります。

全部で6個模擬試験があり、それぞれ以下の方法で進めていました。

  1. 模擬試験を解く(1時間ほど)
    1. 私の場合、初見では全ての試験で55~60パーセントしか取れませんでした。
  2. 間違った箇所・不安な箇所のみ解説を読む。(2時間ほど)
  3. 設問の番号を記録し、翌日に復習(1時間ほど)

解きなおしている時間を取れなかったので、
チェックした問題の解説を読んだり、テキストを見返し理解を深めていました。
テキストで、全体像をつかんでおく事で、解説の理解難度が下がっている実感がありました。

最後に

「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト」の試験勉強では、
ハンズオンを行いませんでしたが、どのサービスで何ができるか知ることができた為、
現在は、個人でAWSを使用することができています!

また、本番では慣れないテストセンターで、長い問題文を読むことになりますが、必要な知識は
テキストと模擬試験で足りているので、安心して試験に臨んでください!
皆様の合格を祈っております。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
22