Posted at

【node.js】nodebrewでnode.jsのインストールめも

More than 5 years have passed since last update.

node.jsのメリットって大きく2つかな。

・スケーラビリティーの高いアプリケーションを構築ができる

・何万の同時アクセスができる

勉強のためにさくっと構築したのでそのめもを残しました。

これでnode.jsもバージョン管理が簡単にできますね。


nodeが既にインストールされているか確認

% node

% node -v
% which node

上記のコマンドで反応があったらnodeが既にインストールされているのでアンインストールする


既にnode.jsがインストールされている場合は削除する

・brewでインストールした場合はbrewでアンインストール



% brew uninstall node



・node.jsのアンインストールスクリプト



curl -ks https://gist.github.com/nicerobot/2697848/raw/uninstall-node.sh | bash



参考 : https://gist.github.com/nicerobot/2697848

・上記でできなかった場合物理削除



rm -rf /usr/local/lib/node \

/usr/local/lib/node_modules \

/var/db/receipts/org.nodejs.*


nodebrewをインストール

・まず本家のサイトを参考

・nodebrewインストール



% curl -L git.io/nodebrew | perl - setup



・パス追加も忘れずに



vim ~/.bash_profile

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH



筆者のログインシェルはzshなのでzshrcに追加しました。

・インストールするnodeのバージョン確認



% nodebrew ls-all

remote:

v0.0.1 v0.0.2 v0.0.3 v0.0.4 v0.0.5 v0.0.6

......



・バージョンを指定してインストールもできるけど、今回はstableバージョンをインストールする



% nodebrew install stable



現時点でのstableバージョンがv0.10.29でした。

・利用するバージョンを選択



% nodebrew use v0.10.29

use v0.10.29



・インストール確認



% node -v

v0.10.29