Web

sessionとcookieの違い

cookie・・・クライアント側で保持

ブラウザを閉じても残り、期間を置いた後にもデータを残すことが可能。
また、情報をユーザ側に置くため、サーバに余計な負荷をかけることがない。
逆に、ユーザーに依存することが多く、また改ざんすることも可能なため、情報の信頼性に欠ける部分がある。

sessionn・・・サーバ側で保持

サーバサイドで情報を保持するため、クッキーと違いデータの改ざんが困難。
セキュリティ上の観念から、ユーザー認証によるログインなど顧客情報などを扱うようなサイトに適している。