Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google ColabでYOLOを動かす(動画)

More than 1 year has passed since last update.

最近の関心事

  • 物体検出(画像)
  • 物体検出(動画) <- 今回コレ
  • 画像の生成
  • 強化学習
  • TensorFlow 2.0
  • Kaggle

前回前々回で物体検出(画像)の学習とテストはできたため、今回は動画にチャレンジしたいと思います。

結論

いきなり結論ですが、Google Colab上では動画の物体検出はできませんでした。./darknet detector demoを実行したところ、

Unable to init server: Could not connect: Connection refused

(Demo:1865): Gtk-WARNING **: 10:49:50.770: cannot open display: 

と言われてしまいました。こちら-out_filename-dont_showも付けてみたのですが、結果は変わりませんでした。Cのコードを修正すれば実行できるようになると思いますが、そこまでする気は起きず諦めることにしました。一応、覚書を残しておきます。

行ったこと

まず、./darknet detector demo./darknet detector testと同じ感覚で実行してみたところOpenCVが必要と言われました。そこで、

!sed -i 's/GPU=0/GPU=1/g' Makefile
!sed -i 's/OPENCV=0/OPENCV=1/g' Makefile
!cat Makefile
!make

を行い、OpenCVを有効化しました。

また、動画のサンプルファイルが手元になかったため、Pexelsから動画をダウンロード、Google Driveにアップロードし、いつもの方法でGoogle Driveをマウントし、動画を参照可能にしました。

そして、冒頭の

!./darknet detector demo cfg/voc.data cfg/yolov3-voc.cfg yolov3-voc.backup /content/drive/'My Drive'/'Google Colab'/YOLO/'Pexels Videos 4788.mp4' -out_filename res.avi -dont_show

を実行しましたが、うまく実行できず・・・という感じです。

今後

Windows環境にYOLOv3をインストールして実行してもいいのですが、もうちょっと他のことに時間を使いたいので、物体検出(動画)は一旦これで終わりにして、次はTensorFlow 2.0を触ってみるつもりです。

shoji9x9
2020年1月よりMaaS関係に従事。プライベートでは機械学習、Kaggleに取り組んでいます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした