JavaScript
Haxe

Haxeを使えばAJAXが楽々。

More than 5 years have passed since last update.

JavaScriptでAJAXをやろうとすると、手順が多かったりIE6用のコードが必要だったりめんどくさい。

でも、Haxeなら簡単。

例えば、data.xmlから読み込んだデータをalertで表示する場合。


同期通信


Main.hx

import haxe.Http;

import js.Lib;

class Main {
static function main() {
Lib.alert( Http.requestUrl("data.xml") );
}
}


データを読み込む処理自体はHttp.requestUrl("data.xml")だけで終わっています。


非同期通信

必要最低限のコードはこんな感じです。


Main.hx

import haxe.Http;

import js.Lib;

class Main {
static function main() {
var http = new Http( "data.xml" );
http.onData = function( data:String ){ Lib.alert( data ); }
http.request( false );
}
}


さらに、ポストしたりエラー処理を行ったりというもっと細かい処理ももちろん書けます。


Main.hx

import haxe.Http;

import js.Lib;

class Main {
static function main() {
var http = new Http( "data.php" );
http.onData = function( data:String ) { Lib.alert( data ); }
http.onError = function( msg:String ) { Lib.alert( msg ); }

var name = "hoge";
var address = "hogehoge";
http.setPostData( Std.format( "name=$name&address=$address" ) );

http.setHeader( "Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded" );
http.request( true );
}
}


ちなみにこれらのコードはIE6対応がされてます。