Help us understand the problem. What is going on with this article?

Kubernetes 1.17: 変更点まとめ

はじめに

このエントリは、Kubernetes 1.17 の CHANGELOG から Kubernetes 1.17 の各変更点についてまとめたページをまとめています。

1.17 の主な変更点

ここでは What’s New から概要を抜粋してまとめます。詳細は各 SIG の変更ページを確認ください。

Cloud Provider Labels が General Availability になりました

v1.2 にベータとして追加され、Cloud Provider Labels が GA になりました。

Volume Snapshot 機能がベータになりました

v1.17 から Volume Snapshot 機能がベータになりました。この機能は v1.12 にアルファとして追加され、v1.13 で破壊的な変更が加えられたアルファ版として再度リリースされました。

CSI Migration がベータになりました

Kubernetes の in-tree ストレージプラグインから Container Storage Interface (CSI)
へのマイグレーションが v1.17 でベータになりました。 CSI Migration は v1.14 でアルファ版として追加されていました。

既知の問題点と重大なアップグレードに関する通達

Kubernetes 1.17の変更点: Known Issues と Urgent Upgrade Notes

廃止予定となった機能や削除された機能

Kubernetes 1.17の変更点: 廃止予定と削除されたもの(Deprecations and Removals)

API の変更点

  • CustomResourceDefinitionsは、ドキュメント化された x-kubernetes-list-typeおよびx-kubernetes-map-type アトミックのAPIセマンティクスを検証して、非アトミックサブタイプを拒否するようになりました(#84722, @sttts)
  • kube-apiserver: --admission-control-config-file で受け入れられる AdmissionConfiguration タイプはスキーマ変更なしで apiserver.config.k8s.io/v1に昇格されました。(#85098, @liggitt)
  • EndpointSlice のポート名検証を修正して、Endpoints のポート名検証に一致するようにしました (15文字より長いポート名を許可します) (#84481, @robscott)
  • CustomResourceDefinitions に、CRD API拡張機能として x-kubernetes-map-type アノテーションを導入されました。 ServerSideApply でもこの特定の検証を有効になりました。(#84113, @enxebre)

SIG (Special Interest Group) 毎の変更点

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした