Edited at

IntelliJでAndroid入門

More than 3 years have passed since last update.


今さらながらすっかりIntellijに酔心

しばらくEclipseAtomでがんばってきたがもう戻れない。

ライセンス料にビビらずもっと早く買えばよかった。

たくさんIDE立ちあげなくて済むのがいいよね。


Androidアプリ開発するよ

Androidアプリ開発の定番はAndroid Studioですが、先述の通りいくつもIDEを複数立ち上げたくない(Macがファー!!って唸り始めるため)のでIntellijで開発してみました。

【こちらの記事も参考にどうぞ】

http://qiita.com/gari_jp/items/4d2f7bcdd2e85c3b0678


環境

OSX El Capitan 10.11.4

IntelliJ IDEA 2016.1.3


前提


  • Intellijインストール済(英語が苦手な人はJetBrainsの公式代理店サムライズムさんを勧めます)

  • jdkインストール済


1.AndroidSDKをインストール

Android Developersページ下部のGet just the command line toolsからSDKをインストールする。

Kobito.xh8lGp.png

解凍したディレクトリを適当なワークスペース上に配置。後々Intellijから指定するので場所を覚えておきましょう。

配置したandroid-sdk-macosx直下に移動して起動コマンドを叩くとSDKManagerが起動します。

tools/android update sdk

Toolsと開発するAndroidのバージョンにチェックを入れインストール。

今回はExtras一式も。

最終的にこんな感じ


2.Intellijをセットアップ

Intellijを起動し、Preferenceを開く

Android Supportを有効に

Kobito.eIiXaT.png

Gradleを有効に

Kobito.X1A3I6.png

するとRestart Intellij IDEA to activate changes in plugins?というメッセージが表示されるので促されるままにrestartする。

restartしたらJDKと先程インストールしたAndroidSDKのHomeDirectoryをIntellijに教えてあげる

JDKとAndroidSDKを順に追加

AndroidSDKのHomeDirectoryに先程配置したディレクトリを指定する。

Create New Projectを選択するとついにAndroidアプリのプロジェクトが作成可能に。

Kobito.VqAZuB.png

プロジェクトができたらRunメニューから実行構成を作成します。

エミュレーターを選択(無ければボタンから新規に作成)してOK


Hello World!!

実行構成がデフォルトになるので以降は右上の実行ボタンからRunできるようになります。

Kobito.XhRgGm.png

結局エミュレーター起動した瞬間にMacがファー!!って唸り始めてしまった。

細かい設定や実機でのデバッグの話はまた別の記事で。