Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub Pagesの独自ドメインHTTPS化対応

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

これまではGitHub Pagesで独自ドメインをHTTPS化するにはCloudFlareを仲介させるなどの対応が必要でしたが、この間公式にHTTPS対応がアナウンスされていたので、私のサイトも早速行ってみました。結構簡単にできたので手順を軽くまとめておきます。(HTTP -> HTTPS リダイレクトも行ってくれます)
https://twitter.com/github/status/991366832421523456

公式ドキュメントはこちら
https://help.github.com/articles/setting-up-an-apex-domain/

前提

すでにGitHub Pagesで独自ドメインによりサーブしているコンテンツ(HTTP通信)がある状態とし、そのサイトをHTTPS化するものとします。

Step1: ドメインのDNSレコード設定を変更する

対象ドメインのDNSレコード設定に以下4つのAレコードを追加します。

  • 185.199.108.153
  • 185.199.109.153
  • 185.199.110.153
  • 185.199.111.153

お名前.comの設定画面だと、ちょうど以下のようになります。

sam.jpg

Step2: ドメインを再設定

GithubのSetting画面にいき、ドメインを再設定します。
GitHub Pages > custom domainで、設定済みのドメインを一度クリアしてSave。
その後対象独自ドメインを再入力してSaveします。

スクリーンショット 2018-05-08 0.22.41.png

Step3: Enforce HTTPSにチェック

Step2を終えると、Enforce HTTPSの項目に「Not yet available for your site because the certificate has not finished being issued」と表示されるようになります。

この状態でDNS設定が反映されるまで少し時間がかかるのでしばし待ちます。
(私の環境では15分程度でした)

設定が反映されると、以下のようにEnforce HTTPSにチェックを入れられるようになるので、ここにチェックをいれることでHTTPS対応は完了となります。

スクリーンショット 2018-05-08 0.28.55.png

ちょっとハマった

Enforce HTTPSにチェック後、以下のような警告文が表示され続けました。
CNAMEの設定やAレコードの設定などを見直しましたが、解消されず・・
しかし1時間後、警告文は消え、何事もなかったかのようにhttpsでアクセスできるようになってました。なんだったんでしょう、、まあ気にしない。

スクリーンショット 2018-05-07 23.10.38.png

shiruco
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした