search
LoginSignup
7

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

1ヶ月の対策でG検定に合格した勉強法

2019年11月9日に実施されたJDLA(日本ディープラーニング協会)のG検定に合格したので、その勉強法を載せておきます。
試験対策に1ヶ月ほどしか費やしていないので、勉強法が参考になれば幸いです。
以下、勉強法です。基本は2をメインにやっておくことをおすすめします。

1. 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」を1周(余裕があるなら2-3周)読む。

(所要日数:5日)
image.png
Kindleストアでは、 人工知能は人間を超えるか(角川EPUB選書) をKindle無料アプリで今すぐ読めるそうです。

ゴール:人工知能の歴史の流れを”大まか”に把握
コツ:時間をかけさせず、さっさと2へ進む。2で立ち止まった時に見返すスタンスでいる。

2. G検定公式テキスト問題集を解き進める。

(所要日数:22日)
image.png
image.png

ゴール:どの問題も、なぜ他の選択肢が答えではないのかを説明できるようにする。
コツ:2冊を並行して進める。
G検定公式テキストの1-2章を読み、章末問題を解く。(ミスした問題はチェックする)
G検定公式テキストの1-2章をもう一度読み、章末問題をもう一度解く。(ミスした問題はチェックする)
問題集の1章(①に対応する章)を解く。(ミスした問題はチェックする)
G検定公式テキスト問題集のミスした問題を解き直す。
⑤ 次の章へ進む。(問題を解く時は、前の章でミスした問題を解き直す)
⑥全ての章(問題集の総仕上げ問題含む)が終わったら、G検定公式テキスト問題集の問題を再び解く。
⑦ ミスした問題の解き直し

G検定公式テキストの1,2章が問題集の1章に対応しているので、最初だけ2章ずつ進めていますが、基本は1章ずつのほうが定着しやすいと思います。

ここまでくれば、時事問題以外は完璧に抑えられてるはずです。
合格ラインは5-7割がほとんどなので、合格点には届いていると思います。
本番は難易度や雰囲気が問題集と変わらないので、過去問は不安があればでいいと思います。(私はそこまで手が回りませんでした。)むしろ沢山の問題を解くよりもゴールでも書いた「どの問題も、なぜ他の選択肢が答えではないのかを説明できるようにする。」の質を高めることを勧めます。
時間配分だけ気をつけてください。

3. AI白書2019の技術動向、利用動向、制度政策動向、AIの社会実装課題と対策を一読する。

(所要日数:3日)

ゴール:最新のAI事情の収集
コツ:範囲が膨大なので、2をメインに勉強して不安を消しておく。本番前も2の確認メインがおすすめ。

私は出勤と休憩時間で2時間、休みの日に5時間を抽出して1-3をこなせました。
試験中はグーグル検索を行えますが、検索は行わないつもりで望みましょう。

さいごに

この記事を読んだ方が合格することを願っています。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
7