Help us understand the problem. What is going on with this article?

Dell XPS13 における Windows 10, Linux Mint のデュアルブートの構築

More than 1 year has passed since last update.

Dell XPS13 における Windows 10, Linux Mint のデュアルブートの構築

Dell XPS13 は、UEFIブート,セキュアブートなため、Linux を入れるのは苦労する。
ネットで調べても苦労している人が多いようで、私もまとめておかないと取り戻せないのでメモしておく。
この面倒さだけでも Dell XPS13 を買い控える理由に十分になるのではないかと。

対象

今回、設定したPCは以下の通り。XPS 13 (9360) に対してインストールする。

メーカ Laptop 名 モデル 備考
Dell XPS 13 9360 2016 US配列, SSD 500G, 4Kディスプレイ(高DPI)

Linux インストールのポイント

  1. パーティション領域を予め確保
    1. Windows から行える。パーティションソフト必要なし
  2. BIOSで AHCI Mode にする
    1. 最も重要で面倒
    2. 有効にしないと、パーティションが一切認識されない

Windows での事前準備

Linux をインストールする前に Windows で準備しておくべきことがある。
色々と面倒だがやっておいた方が良い。

回復ドライブの作成

Dell の Webページ参考にする1。そのまま手順に従えば良い。
致命的に失敗したときのために回復ドライブは作成しておくこと。
クリーンインストール直後の素の状態が最も容量が少ない(はず)。

パーティション領域の確保

コントロールパネルの管理から実行する。
パーティション管理ソフトなんていらなかった。

  1. コントロールパネル/管理ツール/コンピューターの管理を実行
  2. 記録域/ディスクの管理
  3. 右クリック→ボリュームの縮小
  4. 縮小する領域のサイズ(MB): 任意の数値 (e.g: 204800 = 200 GB))
  5. 縮小ボタンの実行

※ 逆に拡大する場合も 3.項でボリュームの拡張で大きくできる。

BIOS のアップデート

まず、Dell Supper Assist を最新にする。現在(2019/01/19)で Version 3.1.0.142 である。念のため、BIOS を最新にしておく。

ない場合は、Dell Web ページよりダウンロードできる。

BIOS(UEFI)で AHCI Mode の有効化

XPS13 の BIOS 初期設定は、SSD は、RAID Mode で Windows からのみ パーティションの操作やアクセスが可能な状態となっている。
そのため、Linux でのパーティションの操作や Acronis Boot Disk によるバックアップが行えない。

単に BIOS の設定を RAID から ACHI にするとSSDが認識されずに Windows が起動されない。

というわけで、Windows 側で XPS 13 の ACHI Mode に対応させる必要がある。
この、切り替え方法は Arch Linux Wiki - Dell XPS 13 (9350) 2 に詳細に記載されている。
SATA コントローラーの欄参照。方法が 4 つ提供されておりそれぞれリンクが張られている。

  • セーフモードで起動してから通常モードに戻す
  • Windows のデバイスマネージャで Microsoft Storage Spaces Controller を選択
  • レジストリのエントリを修正
  • 他のレジストリエントリを修正

私は、最も安全そうなセーフモード経由の方法でセットアップした。

セーフモードによる ACHI モードでの Windows 起動有効化

  1. Windows 10 通常起動: セーフモードの設定
    1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動
    2. 次を実行: bcdedit /set {current} safeboot minimal
    3. 再起動
  2. XPS13 BIOS(UEFI) 画面で AHCI に変更
    1. Dell のロゴ画面で F2 を押す
    2. Dell XPS 13 9360 の画面起動
    3. Setting/System Configuration/SATA Operation
      1. AHCIへ変更: RAID On → AHCI
    4. Apply で反映、再起動
  3. Windows 10 のセーフモードの起動
    1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動
    2. 次を実行: bcdedit /deletevalue {current} safeboot

Acronis True Image 2019 によるバックアップ

まずは、BitLocker の無効を行う。有効の場合、バックアップが行えない。

  1. BitLocker の無効
    1. 設定/更新とセキュリティ/Bitlockerの解除
    2. 参考: BitLockerを無効にする方法

次に、以下の手順で Acronis ブータブルメディアを作成し起動する。

  1. Acronis True Image 2019 起動
  2. ダッシュボードよりツールを選択
  3. ブータブルメディアビルダーを選択
  4. 詳細→Linux ベースのメディアを選択
  5. USBドライブを選択
  6. Dell ブートローダ起動
    1. Dell ロゴ画面で F12 を押す
  7. USB メモリの選択
  8. バックアップからディスクごとバックアップ

Linux のインストール

Linux Mint 19.1 Cinnamon をインストールした。特に問題なくそのままインストールできた。
wifi も正しく認識されたため、ネット環境も問題なく構築された。
サードパーティー製ドライバをインストールするためにセキュアブートを無効の上起動さえた。

前提として、USB メモリに Linux Mint の ISO を書き込み USBメモリ起動を可能にしておく。

  1. Dell ロゴ画面で F12 を押す、ブート選択画面へ
  2. OTHER OPTIONS/Change Boot Mode Setting
  3. 2) UEFI Boot Mode, Secure Boot OFF を選択
  4. DO YOU WISH TO PROCEED?: YES
  5. FINAL CONFIRMATION: Apply The Changes
  6. Dell ロゴ画面で F12 を押す、ブート選択画面へ
  7. USB メモリを選択
    1. e.g: UEFI: JetFlashTranscend 16GB 1100, Partition 1
  8. USB メモリから Linux が起動する

完了後: Grub の解像度を変更

インストールが完了したのはいいが 高 DPI のため、Grub のコントロール画面が
すごく小さくなった。そのため、解像度を下げて見やすくする。

/etc/default/grub 編集すれば良いため、以下手順で編集する3

$ sudo cp /etc/default/grub /etc/default/grub.orig
$ sudo vim /etc/defualt/grub
$ sudo update-grub2
$ sudo reboot

編集内容: 以下を追加

# display setting
#
# resolution: 800x600
GRUB_GFXMODE=800x600x32
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="nomodeset"
GRUB_GFXPAYLOAD_LINUX=keep

まとめ

とにかく面倒だった。
回復メディアを作成し、さらに Acronis などでディスクごとバックアップしないと安心感がない。
また、この方法は他のPCでも応用が利きそうなので覚えておきたい。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away