Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Oracle Cloudのトライアル環境を申し込んでみた

More than 3 years have passed since last update.

概要

オラクルのクラウドにはIaaS, PaaS, SaaSというようにアプリケーションから基盤までのクラウドサービスが提供されています。
- Oracle Cloud ホームへのリンク

このオラクルのクラウドサービスは30日間のフリートライアル環境を提供しているので、申請をしてみました。

トライアル環境の申請手順

今回のトライアル環境の流れを順を追って説明していきます。
流れは以下のようになります。

  1. トライアル環境申請ページへアクセス
  2. トライアルを申請するクラウドサービスを選択
  3. 申請情報を入力
  4. トライアル・アクティベーションメールの受信とアクティブ化
  5. Oracle Cloudのウェルカム・メールの受信
  6. Oracle Cloudへログイン

※前提として、Oracleプロファイル(OTNなどのオラクルサイトを利用する際のアカウント情報)が必要になります。

1. トライアル環境申請ページへアクセス

Oracle Cloudのホーム・サイトへアクセスします。

Oracle Cloud ホーム

右上部の無料トライアルリンクからOracle Cloud クイック・ツアーページに移動します。

Oracle Cloud クイック・ツアー

2. トライアルを申請するクラウドサービスを選択

クイック・ツアーページの上部プルダウン・メニューから使用したいクラウド・サービスのカテゴリを選択します。

Oracle Cloud カテゴリ選択

今回、ここでは、プラットフォームから、Javaを選択しています。

Oracle Java Cloud Service ホーム

右上部の試してみるを選択します。

Java Cloud Servcie トライアル選択

Java Cloud SereviceのStart Trialを選択します。
Java Cloud Service - SaaS Extensionではない点に注意してください。

3. 申請情報を入力

トライアル環境の申請のために個人情報を入力します。

JCS トライアル申請フォーム

  • 連絡先情報
項目 説明
あなたの名
あなたの姓
会社 あなたの所属会社名
あなたの国籍
  • 検証コード
項目 説明
国際電話の国番号 日本は+81
モバイル番号 ショートメッセージに検証コードを送信するため
SMSが使用可能な携帯電話番号
リクエストコード・ボタン 検証コードを携帯電話に送信します
国番号および携帯電話番号を入力後に押下してください
検証コード 携帯電話で受信した検証コード
  • トライアルの詳細
項目 説明
名前 クラウド環境を識別するためのID(アイデンティティ・ドメイン)として使用します。
任意の名前で入力

上記、入力フォームを入力後に、サインアップを押下します。

4. トライアル・アクティベーションメールの受信とアクティブ化

しばらくすると使用しているOracleプロファイルに登録されているメールアドレス宛に以下のトライアル環境にアクティベーション・メールが届きます。

アクティベーションメール

このメールを受信したら、トライアルのアクティブ化を押下してください。
トライアル環境のアクティベーションが行われ、背後では環境のプロビジョニング作業が行われます。

5. Oracle Cloudのウェルカム・メールの受信

アクティベーション作業の後、しばらくすると以下のウェルカム・メールが届きます。
ウェルカム・メール

このウェルカム・メールには初期バスワードや、アクセスURLなどが記載があり、トライアル環境を使用する準備が整ったことを知らせてくれます。

6. Oracle Cloudへログイン

ウェルカム・メールに記載あるURL、または以下のクラウド・サインインページからログインを行います。
- https://cloud.oracle.com/ja_JP/sign-in

使用するデータセンタを選択して、マイ・サービスを押下します。
データセンタ選択

ウェルカム・メールにも記載ある、トライアル環境を申請する際に入力したアイデンティティ・ドメインを入力します。
アイデンティティ・ドメイン入力

ログインIDとパスワードを入力します。
ログインIDは、Oracleプロファイルに登録しているメールアドレス、パスワードはウェルカム・メールに記載のある初期パスワードです。
ログインID

初回のログインのみ初期パスワードを使用し、その後パスワード変更が求められるので、変更した後はそのパスワードでのログインを行います。

7. Oracle Cloud へのログイン完了

トライアル環境への申請&ログインは以上の流れで行えます。
Oracle Cloudへログインすると、以下のようなダッシュボード画面が表示されます。
ダッシュボード

まとめ

Oracle Cloudのトライアル環境の申請と利用開始にかかる手間はわずかで、時間もかかりません。
30日間のフリートライアルですが、1回はトライアル延長ができるので最大で60日間利用できます。

shinyay
JavaEEからSpringへ引っ越しました。 赤色からすっかり緑色です。 Cloud Foundry も好物です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away