IIS
チューニング
パフォーマンス
Cognos
パフォチュー

Cognosレポート実行時間をあと1秒短縮するIISのチューニング

More than 1 year has passed since last update.

概要

Cognosレポート実行時間を短縮するための方法は色々とありますが、今回はIIS(Internet Information Service)のチューニングの話です。

IT業界では、1秒を馬鹿にする者は、1秒に泣くと言う格言があります。(※すいません、勝手に作りました)
超レスポンスタイムの要件が厳しい実際のプロジェクトで、散々頑張って実行時間4秒までチューニングできたレポートが、このチューニングのおかげで、さらに1秒短縮できて、実行時間3秒となり、SLAを満たせたという経験もあります。

内容

IISチューニングのポイントは以下の4点です。

①コンテンツ圧縮
とても大事なチューニングポイントです。
IISのCognosの仮想フォルダから、「圧縮」機能で設定できます。
001.PNG

レポート内にHTMLアイテムを配置し、大量のJavaScriptを埋め込んでいる環境で、この圧縮の設定によりレスポンスが改善した事があります。
002.PNG

②ISAPIの使用
Cognosを導入すると、デフォルトでゲートウェイにcognos.cgiが使用されますが、cognosisapi.dllに変更するとパフォーマンス上有利です。

ISAPIへの変更手順は、こちらをご参照下さい。
Cognos Business Intelligence 10.2.1 インストール手順書
http://qiita.com/shinyama/items/5a4c1c6e795b256209b2

③コンテンツ期限の設定
IISのCognosの仮想フォルダから、「HTTP応答ヘッダー」機能で設定できます。
003.PNG

期限切れのWebコンテンツをチェックし、期間を指定すると、コンテンツがキャッシュされ、2回目以降再利用されるようになります。
004.PNG

④コネクションタイムアウト
「Default Web Site」から「制限...」を選択し、接続のタイムアウトを設定できます。
メモリー消費の調整ができます。
005.PNG

参考情報

チューニングだけじゃなく、IISでCognosをセットアップする場合の構成手順など、色々な情報が載っている、とても良い資料です。
IISでCognosを構成する際は、是非ご一読下さい。
Configure Microsoft Internet Information Services 7.x for IBM Cognos 10
https://www.ibm.com/developerworks/data/library/cognos/infrastructure/web_servers/page599.html