Help us understand the problem. What is going on with this article?

IPエイリアスに対して、ssh でポートフォワード出来るって知ってました?

聞いてみると、けっこう知らない人が多かったので、書いときます。

タイトルに書いたとおり、IPエイリアスに対して ssh でポートフォワードが出来ます!

これだけだと、ちょっと意味わかりにくいですよね。
つまり、複数の宛先に対して、同一ポート番号での フォワード処理が出来るってことです。

例えば、サーバAの 443番(https)に向けた通信と サーバBの 443番(https)に向けた通信を、物理NIC を追加することなく、また、ローカルの監視ポート番号を変えることなく、1台のサーバで、単一コマンドにてフォワード出来るんです。
もちろん、443番に限らず、どんなポート番号でも同じです。

# ifconfig eth0 aaa.aaa.aaa.aaa ...

と 物理NICに設定されていたとして、

# ifconfig eth0:0 xxx.xxx.xxx.xxx
# ifconfig eth0:1 yyy.yyy.yyy.yyy
# ifconfig eth0:2 zzz.zzz.zzz.zzz

と、IPエイリアスを追加設定したとします。

ここで、特権ポートなんで root で、

# ssh -L aaa.aaa.aaa.aaa:443:localhost:1443 -L xxx.xxx.xxx.xxx:443:localhost:2443 -L yyy.yyy.yyy.yyy:443:localhost:3443 -L zzz.zzz.zzz.zzz:443:localhost:4443 user@server

と 出来るということです。

当然 このあと、多段転送で 目的のサーバにフォワードさせていくわけですが、
上の転送が出来るメリットは、通信ポートが変えられないアプリケーションを使っていた場合に、威力を発揮します。
特に、Windowsアプリは ポートを変えられないケースが多いですね。
そんな場合にも、aaa.aaa.aaa.aaa の 443番と、xxx.xxx.xxx.xxx の 443番 等を、同時に 使えるんです!

さらに、Windows 上にて!

コントロールパネルの ネットワーク設定で、物理NIC に 複数のIPアドレスを付与できますよね?
ここで、Cygwin の ssh でも 同様の処理が出来ます

例えば これと併用すると...

OpenBlocks を使い、遠隔地のインターネット公開されていない内部ドメインのWebサーバを、SSL-VPN装置を使わずに 安全に利用するには(OpenBlocks を、簡易VPN機器っぽく使う)
遠隔地から 内部ネットワークの複数サーバに向けて、さらに VPN っぽく遠隔利用できるわけです。

便利な世の中になったもんです。(って、昔から です)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした