Posted at

Git for Windows インストール&設定

More than 1 year has passed since last update.


概要

Git for Windowsをインストールし,初期設定を行う.


Git for Windowsのインストール



  1. Git for Windowsから自分の環境にあったSetupファイルをダウンロードする.

  2. Setupファイルを実行する.

  3. ライセンスを確認する.

  4. インストール先を確認する(特別な理由がなければ標準のままで),

  5. Select Componentsの画面で,インストールするコンポーネントを選択する.


    • Desktopのアイコンを作るかはお好みで.

    • Windows Explorer integration (右クリックメニューでGitが開けるようになる)

    • Git LFS

    • Associate ...

    • Use a TrueType font in all console windowsのチェックは外しておくのが良さそう



  6. スタートメニューを作るか設定する.

  7. Adjusting your PAHT environmentの画面で,自分の環境にあったものを選択する.


    • WindowsのコマンドプロンプトからGitを使わない場合は,Use Git Bash onlyでいいはず.



  8. Use OpenSSLを選択する.

  9. 改行コードを設定する.


    • Checkout Windows-style, commit Unix-style line endingsでは,ファイルを作成するときはCRLF(Windows標準)で作成し,コミット時にはLF(Unix標準)でコミットする.

    • Checkout as-is, commit as-isでは,改行コードの変換を一切行わない.(CRLFのファイルをLinux, macOSで開くと事故るかも...?)



  10. コンソールを設定(標準はMinTTY, Windowsのコンソールが気に入っているのであればWindows console)

  11. file system cachingとGit Credential Managerを有効にする.

  12. インストールを実行する.


初期設定

ユーザー環境変数HOME設定する(既存の環境変数を消さないように注意).

Windowsのユーザーフォルダ(標準はC:\Users\username\)に設定しておくのが便利だと思う.

次に,Git Bashを起動してユーザー名などを設定する.


Bash

# GitHubのユーザー名&メールアドレス or 他人から見て自己が区別できるユーザー名&メールアドレス

$ git config --global user.name "TaroYamada"
$ git config --global user.email "taro.yamada@email.com"

Git Bashを再起動して,pwdでカレントディレクトリがHOMEと一致していることを確認する.


Bash

$ pwd

/c/Users/username/

git config -lでユーザー名&メールアドレスが設定されていることを確認する


Bash

$ git config -l

user.name=TaroYamada
user.email=taro.yamada@email.com

これでGit Bashが使えるようになった.

(SSH鍵の設定が必要な場合は別途行う)


SourceTreeを使いたいときは?


  • インストール時にGitの種類を選ぶ画面が出てきた場合,Git for WindowsをインストールしていなければEmbeddedにしておけばOK.

  • SourceTreeでもユーザー名&メールアドレスの設定を適切にしておこう.

(使っていないのであまりわからない)