Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
88
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

libGDXの基礎の基礎

はじめに

libGDXは

  • Windows
  • Mac
  • Linux
  • Android
  • iOS
  • HTML5

に対応したクロスプラットフォームなゲーム用フレームワークです。

setup用ツールも用意されていますが、シンプルではない上に、環境によっては開発もしづらいのでまずは一番シンプルな形を作ってみます。

ここではPC向けとAndroid用の設定を説明します。セットアップはとっても簡単です。

libGDXのダウンロード

ファイルはここからダウンロードします。
http://libgdx.badlogicgames.com/releases/

2014/6/15時点で1.1.0を落とすとよいでしょう。

zipは展開しておいてください。

Windows/Linux/Mac用のセットアップ

クラスパスに以下のファイルを加えます。

  • gdx-backend-lwjgl-natives.jar
  • gdx-backend-lwjgl.jar
  • gdx-natives.jar
  • gdx.jar

メインクラスを作ります。Libgdxtest.javaは共通部で、あとに書きます。

Main.java
public class Main{
    public static void main(String[] args) {

        new LwjglApplication(
            new MainListener(),
            "Game",
            320,
            320
        );
    }
}

Android用のセットアップ

libsフォルダに以下のファイル/フォルダをコピーします。

  • armeabi
  • armeabi-v7a
  • gdx-backend-android
  • gdx.jar

アクティビティクラスを作ります。設定ファイルは適当に合わせておいてください。

MainActivity.java
import android.os.Bundle;
import com.badlogic.gdx.backends.android.AndroidApplication;

public class MainActivity extends AndroidApplication {

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);

        initialize(new MainListener());
    }

}

最小限のロジック部分

ApplicationListenerインターフェースを実装します。

MainListener.java

import com.badlogic.gdx.ApplicationListener;
import com.badlogic.gdx.Gdx;
import com.badlogic.gdx.graphics.GL20;


public class MainListener implements ApplicationListener{

    @Override
    public void create() {
        System.out.println("create");
    }

    @Override
    public void resize(int w, int h) {
        System.out.println("resize"+w+","+h);
    }

    @Override
    public void render() {
        Gdx.gl.glClearColor(0, 0, 0.2f, 1);
        Gdx.gl.glClear(GL20.GL_COLOR_BUFFER_BIT);

    }

    @Override
    public void pause() {
        System.out.println("pause");
    }

    @Override
    public void resume() {
        System.out.println("resume");
    }

    @Override
    public void dispose() {
        System.out.println("dispose");
    }

}

実行

PCでの実行結果は以下のようになります。

libgdx.png

ライフサイクルメソッドが実行されたタイミングでそれぞれログが出ていることでしょう。それぞれ予想通りの動きだと思いますが、PC版だけはウインドウが最前面ではなくなった時、pauseが実行されますが、そのあともrenderメソッドが呼ばれ続けるのだけに注意してください。

320x320の描画エリアを持つウインドウが生成されました。暗い青で塗りつぶされていますね。

色はここで指定しています。

Gdx.gl.glClearColor(0, 0, 0.2f, 1);

引数の先頭から赤、緑、青、αとなっています。値は0から1の間でfloatで指定します。この順番で色を指定することよくあるので覚えておきましょう。

Gdx.glでGLを取得、OpenGLの命令を発行できます。OpenGLさえ動けばどうでもいいという人はこれで十分でしょうか。



とっても簡単ですね。

これだけだと、JOGLを直接使っているのとあまり変わらないですね。クロスプラットフォームなのはいいのですが、Androidにしてもありがたみも薄いかもです。

次回からはもう少し高レベル、便利な機能を紹介していきたいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
88
Help us understand the problem. What are the problem?