Help us understand the problem. What is going on with this article?

俺でもできるタスク管理

More than 1 year has passed since last update.

本記事はcloudpackあら便利カレンダー1日目の記事です

あら便利カレンダー誕生秘話

  1. 体制変更でセクションリーダーになった
  2. もちろんミッションがある
  3. iretアドベントカレンダーやるか!
  4. 12月まであと半年かぁ...
  5. 6月祝日ないんだよなぁ...

じゃあ平日毎日ブログかこうぜwwwwwwwwww

というわけで1日目は企画した僕がやります!
名付け親は僕なんですが、アドベントカレンダーとレーベンシュタイン距離が近いので気に入っています。

あら便利カレンダーはこちら

俺でもできるタスク管理

私は今もそうですが、エンジニアでご飯を食べています。
が、上でも述べた通りリーダー的なこともしているので、どうしても必要になってくるのがチームのタスク管理。

僕のチームはR&Dセクションという研究や検証を主に行っているので、

  • 変わったメンバーが多い
  • 案件状況がコロコロ変わる
  • 同時多発的に案件を遂行している(最多で16案件並行)

そんな理由で、ラフにタスクを管理できるよう工夫しています。
今回はその手法を紹介します。

用意するもの

  • Slack
  • Trello
  • Ganttify

はいはいトレロね、あーはいはい

そうなんです。それだけなんです。
でもちょっと工夫してます。

たとえば、リストは以下のように管理してます。

  • 継続(差し込みあったら優先度下げよう):毎日細々やらないといけないタスク
  • やりたい:研究・検証したいけど、案件規模じゃないタスク
  • 提案中:検証は完了して案件化するまでの間のタスク。最悪ぽしゃる系
  • スタート待ち:やることは決まってるけど、契約とかの都合で着手できない状態のやつら。
  • 真っ只中:案件真っ最中
  • 終わりそう:大枠終わったぜってやつ
  • 完了:オワコン

この中に案件単位のカードを差し込んで、カードにはメンバーと期日を設定しています。

運用ルール的に、アーカイブは僕以外の人はしないようにしてもらってます。
僕が最後の砦なので、僕が確認してやっと、完了 -> アーカイブ、ぽしゃ -> アーカイブが認められる、みたいな感じ。

逆にそれ以外のルールは特にありません。
強いていうならできるだけふざけた感じになるように心がけてます。疲れちゃうので。

案件s___Trello.png

スラックね、つこてるわ当たり前やろ

そうなんですよね。当たり前なんですよ。ボタンポチーで連携できるので楽です。
カードの状態がどう変わったかの履歴がほしいとかじゃなくて、報告の代わりとしてます。
カード移動したら勝手に通知がくるので、本来報告する側もされる側も時間がとられず「ふーん」と思えます。
逆に変なカード移動があれば、それをトリガーにヒアリングもできますよね!

Slack_-_cloudpack.png

Ganttify

なんすかね?これ
Trelloに登録したカードとその期日を元にガントチャートを出力してくれるサービスです。
データの可視化ってやつですよね。
線が重なりすぎてると忙しいよね〜って思うようにしてます。

Ganttify_と_Desktop.png

何もわからない図

おわりに

本当にたったこれだけのことしかしてないんですが、タスクが思った以上に管理できてます。
スマホからもやりやすいしね!

cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス
https://cloudpack.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした