Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntegrationHubのSlack Spokeを使ってService NowからSlackへ通知するための認証情報を取得する(OAuth2.0)

概要

  • ServiceNowが提供するIntegration hubを使ってServiceNowからSlackへ通知する
  • IntegrationHubのSlack Spokeを使う

環境

  • ServiceNow
    • Version: Madrid
    • 言語: 英語

参考文献

実際にやってみる

Slack側の作業

  1. https://api.slack.com/apps へアクセス
  2. Create New App
    スクリーンショット 2019-09-30 21.18.48.png

  3. お作法通りAPPを作る

    • 認証はOAuth2.0
    • Permissionは文献を参考にす設定するが一部Slackで選択できるものと差異があり戸惑った
      • 試しに設定したもの スクリーンショット 2019-09-30 21.22.23.png

ServiceNow側の作業

OAuth プロバイダーとして Slack を登録する

  1. System OAuth > Application Registry
  2. [New] を押して "Connect to a third party OAuth Provider" を選択
  3. Formを埋める

    • 参考文献のDocsだと Token URL が間違えているので要注意
    • Token URLは https://slack.com/api/oauth.access である必要がある スクリーンショット 2019-09-30 21.31.22のコピー.png
  4. [save]すると以下2点に情報が追加される

    • Form内の Redirect URL
    • Form下部の OAuth Entry Profiles にRecordが生成される スクリーンショット 2019-09-30 21.35.23.png
  5. (Slack APPでの作業)4で払い出された Redirect URL を Slack APPの Redirect URLs に設定する

    • 登録画面は該当Slack Appの OAuth & Permissions にある
  6. このプロバイダを使用する際に要求できるScopeを定義する(文献のDocsには存在しない手順)

    • Form下部のタブから OAuth Entity Scopes を選択
    • 表示されるListに直接登録していく(newなどは無いのでListに表示されている空行をダブルクリックして入力) スクリーンショット 2019-09-30 22.02.44.png
  7. [Update]する

Credential情報の登録

  1. Connections & Credentials > Credentials
  2. [New] を押して "OAuth 2.0 Credentials" を選択スクリーンショット 2019-09-30 22.12.38.png

  3. Formを埋める
    スクリーンショット 2019-09-30 21.43.23.png

  4. [Submit] する

接続情報の設定

  1. Connections & Credentials > Connection & Credential Aliases
  2. [Slack]を選択
  3. タブ[Connections]の[New]
  4. Formを埋める スクリーンショット 2019-09-30 21.46.21.png
  5. [Submit]する

OAuth Tokenの取得

  1. Connections & Credentials > Credentials
  2. "Credential情報の登録" で作成したRecordを選択
  3. (参考文献のDocsには存在しない手順)OAuth Entity Profile にある スクリーンショット 2019-09-30 22.08.00.png をクリックして [Open Record]を押す
  4. (参考文献のDocsには存在しない手順)Slackへ要求するScopeを設定する

    • Related Listとなっている OAuth Entity Profile Scopes の空行をダブルクリックして "OAuth プロバイダーとして Slack を登録する" 項の6で定義したScopeを選択する
      • 定義しないと選択出来ないので注意

    <設定前>
    スクリーンショット 2019-09-30 22.09.24.png

    <設定後>
    スクリーンショット 2019-09-30 22.12.38.png

  5. [Update]する

  6. Related LinksのLabel下にある [Get OAuth Token]をする
    スクリーンショット 2019-09-30 21.48.31.png

    • みなれたOAuthの許可画面が出るので項目を確認して [Allow] する スクリーンショット 2019-09-30 22.15.04.png
  7. System OAuth > Manage Tokens

  8. Tokenが生成されていることが確認できる
    スクリーンショット 2019-09-30 22.16.59.png

以上でSlack Spokeを使用する認証周りが完了です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした