Edited at

MAツールの黒船、Amazon Pinpointの凄さを語る


記事の目的

AWS主催のAmazon Pinpointセミナーを受講。結果、既存のMAツールを終わらせる可能性があるなと実感。

そのため、本記事では以下について述べてみる。

1. Martechの目指す場所

2. マーケティングの課題と未来

3. Amazon Pinpointとは?

4. Amazon Pinpointの概念

5. 活用事例、他サービスとの連携

6. Pinpoint & Personalizeの可能性


Martechの目指す場所

Martechとはmarketing x technologyを組み合わせた略語。

ただ、目指すべきゴールは昔と変わらずOne To Oneマーケティングの実現で、

一人一人に最適なマーケティングだと思っている。


マーケティングの課題と未来

One To Oneマーケティングを人手で実行すると工数・人件費がえぐいため、

実行してる企業は少ないはず。この課題を解消するために、Martechがブームに

なりつつあるのかなと。

Martechがどこに向かうか、以下の2つが予測として挙げられる。


エンドポイント同士の連結:

ユーザのタッチポイント(GoogleやFacebook、Lineなど)は750億にのぼる。

今後の動きとして、2025年までのタッチポイント同士の相互接続マーケティングが

実現されると予測されている。

例えば、Twitterで新商品の認知を行ったユーザが、Facebookで承認に

興味・関心を持つような広告が配信されるパターンである。

つまり、マーケティングチャネル同士が連結されユーザに

最適なチャネルが構築されていく。

そのため、媒体や広告メニューごとに担当者がアサインされることが

非効率であり、カスタマージャーニーが俯瞰できる担当者と、

効果を可視化できる分析基盤が必要となっていくだろう。


パーソナライズの推進:

ある調査によると、84%のユーザは自分自身を個人としてのコミュニケーションを

望んでいたが、実現できていると考えているマーケットリーダーは51%に

とどまるらしい。

これは、ユーザ毎にチャネルやメッセージのパーソナライズが不足していると

考えていることがうかがえる。ユーザ毎に最適なメッセージを送ることはもちろん、

ユーザが欲しいタイミングでコミュニケーションしてほしいと考えているのだ。

最終的には、ユーザ毎に最適なページ・UIも変えていくことが求められる

かもしれない。ユーザ毎にパーソナライズが進むことは止められない流れだろう。


Amazon Pinpointとは?

マーケティングの成功に不可欠な要素は以下と考えられている。

 ・ユーザ毎に最適化されたメッセージ

 ・チャネルをまたいだ自然で連続した顧客体験

これには膨大な実験が必要だろう。すなわち、「いつ」「誰に」

「どんなメッセージ」を送り、「結果」を知ることが必要だ。

この課題を解決するのがAmazon Pinpointだ。

Amazon Pinpointのサービスで以下のことが可能となる。

 ・モバイルプッシュ、SMS、Eメールなど複数チャネルを

  経由したコミュニケーション

 ・ユーザのターゲティング、セグメンテーション

 ・通知を行った後の行動解析やダッシュボードによる可視化

公式ドキュメントは以下にある。

https://aws.amazon.com/jp/pinpoint/


Amazon Pinpointの概念

Amazon Pinpointには3つの概念が存在する。


1.チャンネル:

配信プラットフォームのことを指し、以下の4つが用意されている。

 ・プッシュ通知

 ・SMS

 ・メール

 ・ボイス(現在、日本対象外)

上記に加え、カスタムチャネルを構築することができる。

これは、Lambda Fucntionと連携することで、Pinpointで配信リクエストが

あると、配信先などの情報がLambda Functionに渡され、自由な配信が可能となる。

例えば、実行対話的なチャットボットも構築可能なのだ。


2.セグメント

チャネルを配信するターゲットのこと。

Pinpointで事前に定義された基本セグメントが用意されており、

すぐに配信が可能となっている。

また、ユーザとカスタム属性を組み合わせたインポート機能も

存在する。セグメントファイル(CSV、json)を作成したのちに、

S3へアップロードすれば、任意のターゲティングが可能だ。

※ セグメントファイルで指定可能な属性は以下を参照してほしい。

 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/pinpoint/latest/userguide/segments-importing.html#segments-importing-available-attributes


3.キャンペーン:

ターゲットとチャンネルに対して、「いつ」どんな「メッセージ」を

送るかを決定する。Amazon Pinpointは顧客アプローチの実験場所として扱うため、

以下の機能が備わっている。


A/Bテスト

A/Bテストではメッセージまたはスケジュールの2つ以上の処理が含まれる。

複数のメッセージやタイミングを設定し、どちらの設定が効果的かを検証できる。

例えば、あるメッセージを定期的に送るのがよいのか、顧客があるアクションを

行った場合にのみ送るのが良いかを検証することができる。

また、キャンペーン内でメッセージ配信量のコントロールも可能だ。


分析と可視化

Amazon Pinpointにはダッシュボードが用意されており、キャンペーンに

対するメールのオープン率やアプリプッシュオープン率、最終的な収益が

いくらになったかを可視化することができる。

また、Amazon PinpointをKinesisと連携しストリーミングすることが可能だ。

これにより、S3やRedShiftにデータを出力させて、独自の分析を行うことも可能だ。


Pinpoint & Personalizeの可能性:

アプリプッシュやメールの結果をAmazon Personalizeに組み込むことができる。

Amazon Personalizeはクラウド環境で構築できるレコメンドエンジンで、

ユーザが商品に対するアクションを送付することで、ユーザが購入しやすい

商品を返してくれるサービスだ。

個人的には、これらのサービスの掛け合わせがOne To Oneマーケティングの

近道と考えている。ユーザが反応しやすい商品を機械学習に推論させ、

限られたユーザにプッシュ通知することが可能となる。

これにより、無駄なユーザへの配信を防ぎ、有望なユーザにのみ配信が可能だ。

個人的にはアップリフトモデルを搭載したSageMakerと連携して配信最適化が

進むのではないかと考えている。


最後に

マーケティングがITと連携し、高度にデジタル化していくことは避けられない。

また、AIと組み合わせたパーソナライズも今後は起こっていく流れであると

考えられる。

マーケターとエンジニアが、仲良く手を取り最適な顧客体験を作っていくことに

なるだろう。