AWS
kubernetes

Amazon EKS で構築したクラスタを kubeconfig に設定

既に構築した EKS クラスタを kubeconfig に設定する。

kubeconfig 設定

aws-cli 1.16.18 以上をインストールしておけば、aws eks update-kubeconfig コマンドで設定できる。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/eks/latest/userguide/getting-started.html

$ aws eks update-kubeconfig --name EKS_CLUSTER_NAME

~/.kube/config にクラスタの設定が追加される。

kubectl 実行時

設定後、kubectl で対象クラスタにアクセスする際は、aws-iam-authenticator コマンドが必要となるので、無ければインストールしておく。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/eks/latest/userguide/configure-kubectl.html

プラットフォーム毎のバイナリが用意されているので、curl 等でダウンロードする。