Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

「GIS Day in 東京 2017」参加備忘録

More than 3 years have passed since last update.

GIS Dayとは?

GIS Dayとは、大学における GIS(地理情報システム) の教育・研究成果を講演会や講習会の形で社会に還元し、GISの普及・啓発を図ることを目的とするもので、アメリカで1999年にはじまり、全世界に広まったイベントです。首都大学東京では今年で12年目の開催となります。

「GISってなに?」という人も、「GISを使ってみたい!」という人も一緒にGISを体験してみませんか? もちろん参加は無料です。

引用元 「GIS Day in 東京 2017」開催のお知らせ

上記の通り、プログラマ向けのイベントではありません。
しかし、GISに近からず遠からず接しているエンジニアの方にとっては、
開かれる講習会のリストだけを見るだけでも、
この一年のGISの流れが分かったりできます。

「GIS Day in 東京 2017」

今年は以下のような講習会が開かれました。
GISに馴染みの無い人向け(生徒向け教材用として)の内容が3つを占めているので、
近い将来、地理感覚を習得できる人が増えてくるかもしれませんね。
また、簡易的に三次元計測ができる方法も確立されていきそうです。

  • 「GIS未経験者のためのArcGIS for Desktop体験実習」
  • 「地理必修化に向けてGISを活用した授業用教材作成 」
  • 「都市計画GISデータ体験」
  • 「Carto Builderを用いた授業教材用WebGISの作成」
  • 「Network Analystはじめの一歩 」
  • 「UAVを用いた3次元計測の最前線」

参加した講習会について -Carto Builderを用いた授業教材用WebGISの作成-

内容は、「Carto Builder」というWebGISツールを利用して、
授業用向けの簡単なGISソフトを触ってみよう!というものでした。

WebGISは、他にもありますが、操作のしやすさ・見やすさなどの理由から、今回の題材として利用したそうです。
国土交通省が公開している下記情報を実際に取り込んで、
みじかな施設が身の回りにどれだけあるか...など、データ可視化しながら地域情報を学べそうです。
国土交通省 国土数値情報 ダウンロードサービス

このようなツールが使える人が増えたら...?

位置情報を取得する機会って増えていると思うんです。

1つに、個人が身につけているデバイスから...
- 写真機でシャッターボタンを押した瞬間
- ウェアラブルデバイスを持ちながら、ランニング
- GPSロガーアプリを持って、山登り

2つに、公の機関が公開している情報から...
- 国土交通省 国土数値情報 ダウンロードサービス
- 東京公共交通オープンデータチャレンジ

今は、車にカーナビが標準装備するような時代になりましたし、
これからももっと生活するにおいて、みじかな情報となると思います。
そして、有効利用する人も...です。

まとめ

地図アプリ...の延長線として、
高機能なGISツールが普及する未来を見たいし、作りたい...と思う
講習会参加となりました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away