WPS非対応の無線LAN端末(Meraki)に対してヘルシオホットクックから接続する方法

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

エンジニアマストアイテムのヘルシオホットクック。料理をバッチ処理出来る。一度食材を切ってセットさえすれば、あとは完成まで勝手にやってくれる。1日30分料理の時間が短縮されることを考えると、その時間的コスパは絶大。WiFi対応モデル(KN-HW24C-R)を利用すれば、新しいレシピもダウンロード出来る。SHARPの底力をみた。

ただ欠点が一つ。ホットクックとの無線LAN接続はPBC方式のWPSしか対応していない。なんという割り切り仕様だ。

自宅の無線環境は当然WPSなど存在しないCisco Merakiなので、さてどうするかと思っていた所、なぜか「ホットクック + Meraki」という同じ技術スタックを抱える同僚が横におり、すでに彼がこの問題を解決させていたので簡単に解決。「Qiitaとか投稿手間だから、代わりに適当に書いておいて」ということで、書いておきます。


基本構成

ルータ(プロバイダ支給) > Meraki MR33 (AP Mode) > Clients

ちなみにMerakiに限らずWPS非対応の無線APであればすべて同様


仕組み

実はWPSでは、ハンドシェイク完了後にSSIDとパスワードの組み合わせクライアント側に転送してくれる。

すなわち、今使っている無線APと全く同じSSIDとパスワードの組み合わせを、WPS対応無線APで設定し、プッシュボタン式でホットクック側と設定完了さえできればOK。あとは大本の無線APが違う端末に入れ替わっていても、接続出来るようになる。


事前作業

WPS対応の無線APなんでもいいので購入する


具体的ステップ



  • Meraki MR33 と上流(ルータ)が繋がっているLANを抜く


  • WRH-583BK2 に抜いたLANを接続する


  • WRH-583BK2 の2.4GHzに、今メインで使っているSSIDとパスワードの組み合わせを設定する

  • PBC方式で WRH-583BK2 のWPSを起動する(画像参照)

screenshot


  • ホットクック側から無線接続させ、完了を見届ける


  • WRH-583BK2を取り外し、元々の Meraki MR33 に差し替えて無線を元に戻す

  • ホットクック側に移動し、無線LANの機能を再起動する(ON/OFFする)

  • 引き継続きホットクックが無線接続出来ていることを確認する


注意点


  • ホットクックにてWPS接続完了後に、上位の無線APを切り替え後にホットクック側で無線LAN Client機能のON/OFF作業が必要。


    • DHCPでIPアドレスがアサインされるが、ホットクック側で掴みっぱなしになってしまう模様。

    • ホットクックのコンセントを一瞬抜き差ししても、バッテリー稼働してしまうためか、同じIPのまま