Edited at

RPA(UiPath)の導入から自動化ツール作成までをやってみた

More than 1 year has passed since last update.

Excelマクロのように自アプリケーション内で自動化をしてくれるツールは複数あるが、他アプリケーションとの連携を自動化してくれるRPA(Robotics Process Automation)は、更なる効率化が期待でき、注目されている。

例)Excelのリスト内容をIEブラウザで調べて、Excelに情報を張り付け資料化する等

1082505.jpg

私も、RPAの恩恵を実感したく、数あるRPA作成用ツールの中で、無料で利用できるUiPathを使用し、自動化ツールを作成することにした。

今回は、使用するPCへ影響を及ぼすことも考慮し、仮想環境を構築し、その上で動作確認を行う。

手順は以下

①仮想環境構築(Windows環境構築)

②VirtualBox Guest Additionsの設定

③Microsoft Officeの導入

④UiPathのダウンロード/インストール

⑤基本操作方法

⑥自動化ツール作成


前提条件

VirtualBoxが使用するPC環境にインストール済みであること。

私の環境は、以下のようになる。

・Windows10 64bit

・VirtualBox-5.2.16

①②③④に関しては、参考資料の手順を参考に作業を行なった。

私は、新しく購入したノートPCに不具合を起こしたくなくて、検証用の仮想環境構築から行ったが、かなり面倒臭い。この手順に4時間以上は掛かったと思う。面倒で気にしない人は、④の手順から始めて自分のホストPCで直接RPAの作成や検証をしても良いと思う。

同僚で、直接ノートPC上で作成・検証した人の話では、問題なかったそうだ。私は保証は出来ませんが、、、


⑤操作方法の確認


◆起動

Image from Gyazo

UiPathを起動すると以下のようなポップアップが毎回表示される。"Continue Free"を選択する

Image from Gyazo


◆プロジェクトの作成

UiPathには複数のひな形が用意されている。

Blankを例に作成する。

プロジェクトの一覧からBlank押下

Image from Gyazo

プロジェクト名、プロジェクトフォルダの場所、プロジェクトの説明を入力し、Createを押下

image.png

プログラム作成用の画面が表示される

Image from Gyazo

種類毎の違いは下記のようになる。

・Blank

まっさらな状態のプロジェクト

・Simple Process

フローチャートと簡易な分岐が用意されているプロジェクト

・Agent Process Improvement

ユーザのクリックやキー入力で処理が実行されるプロジェクト

・Robotic Enterprise Framework

大規模なプロジェクトで使用。業務で使用するエラー発生の場合の処理や初期化設定などが含まれている


◆Activityの作成

左側にあるActivitiesと書かれた欄の下にあるボックスに"message box"と入力する。

すると、以下のように赤文字でMessage Boxが表示される。

Image from Gyazo

それを中央の「Drop activity here」と書かれた領域にドラッグ&ドロップする。

Image from Gyazo

これにより、ボックスが中央のウインドウに表示される。このようなボックスを"Activity"といい、処理を行う最小の構成要素になる。

UiPathはActivityを繋げていくことで、自動化プログラムを作成していく。


◆実行

先ほど作成したボックスの内容にHello World!と表示されるように以下のように入力した。

Image from Gyazo

ボックスに入力する時のルールは文字列を""(ダブルフォーテーション)で囲うこと。

デザインタブのRunボタンを押して実行する

Image from Gyazo

入力したメッセージのポップアップが表示された。


◆FlowchartとSequence

Activityを繋げていく基本的な方法として、FlowchartとSequenceの2つがある。

[Flowchart]

Image from Gyazo

[Sequence]

Image from Gyazo

複雑な処理は、Flowchart。シンプルな処理はSequenceのようだが、Sequenceを使っても条件分岐のようなことは出来るようだ。

追加方法としては、Activityの作成同様、ボックスにFlowchartやSequenceと入力してドラック&ドロップするだけである。

Image from Gyazo


⑥自動化ツール作成

今回、作成してみたツールは、任意の検索ワードをgoogleで調べ、調べた情報をCSV出力するツールだ。

以下に作成したツールを載せる。

Web検索ツール


ツール実行用環境の設定

このままでは、開発用アプリを起動してからでないと実行できない為、ツールとして実際使用できる状態にするために、以下の手順も行なった。

・UiRobot.exeの実行

私の場合は、以下の格納先にexeファイルがあった。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\UiPath\app-XX.X.X\UiRobot.exe

exeを実行後、右下のタスクバーを確認するとUiPathのアイコンが追加されている。そこをクリックするとツールが実行されるようになる。

Image from Gyazo

ちなみに出力されたCSVファイルがどこに保存されたかが分かりづらかった。私の場合は、以下の格納先にあった。

C:\Users\ユーザ名\.nuget\packages\ツール名\1.0.6805.27057\lib\net45

大まかな流れが分かってしまえば、結構簡単に導入できる印象だった。excelマクロより覚えることは少ないし、事務系の自動化には役立ちそう。皆さんも気が向いたら試してみてください。


参考資料

【初心者向け】UiPathによるRPA実装

UiPathを導入して実際に動かす詳細手順(Windows10)