Java
CentOS
Eclipse
vmware

32bit、メモリ2GBの私のPCでもEclipseを使えた方法

使用しているノートPCは、32bit、メモリ2GBでWindowsを使用しているのだが、WindowsにそのままEclipseをインストールしてもメモリがいっぱいになり、動作させることができなかった。
どうにかEclipseでjava開発を行いたいと考え、ノートPC内のVMwareにEclipseをインストールして動作検証をしてみた。

環境

VMware Player6.0.7
CentOS6.9
Eclipse-4.7.2

Eclipseインストール

インストール媒体のダウンロード
eclipse

アクセスしたらDownload Packagesをクリック
https://gyazo.com/3f108801d67505f1281370501a5d4a8f

右上のWindowsとなっているプルダウンをLinuxに変更
https://gyazo.com/82c09810a9b90840fa20674c4db8c831

対象bitを選択してダウンロード
https://gyazo.com/a9b9dcd4c1aa3fb5cb985ea952461643

ダウンロードしたtar.gzファイルをサーバに転送し、/optに配置
転送方法が不明の場合はこれを参考に。

sudo tar xzvf eclipse-dsl-oxygen-2-linux-gtk.tar.gz -C /opt

今後の管理の為にディレクトリ名にバージョンをつける

sudo mv /opt/eclipse /opt/eclipse-4.7.2

設定ファイルを作成し、GUI画面からアイコン選択できるようにする

sudo vi /usr/share/applications/eclipse-4.7.2.desktop

[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=Eclipse oxygen(4.7.2)
Name[ja]=Eclipse oxygen(4.7.2)
Comment=Eclipse oxygen
Comment[ja]=Eclipse oxygen
Exec=/opt/eclipse-4.7.2/eclipse
Icon=/opt/eclipse-4.7.2/icon.xpm
Terminal=false
Type=Application
Categories=Development;

Java環境構築

インストール

sudo yum -y install java-1.8.0-openjdk java-1.8.0-openjdk-devel

バージョン確認

$ dirname $(readlink $(readlink $(which java)))
/usr/lib/jvm/jre-1.8.0-openjdk.i386/bin

先ほどのパスを/etc/profileに設定

sudo vi /etc/profile

export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/jre-1.8.0-openjdk.i386
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

設定反映

source /etc/profile

起動

アプリケーション→プログラミング→eclipse
https://gyazo.com/21844421a37da2e346ccc4698f8dfb33

無事、起動出来た。
その後は、日本語対応を入れて、無事に新規プロジェクトで動かせた。
仮想環境上だと、余計なアプリを入れてない分、確保したメモリの中で、軽快に動くようだ。
また、Eclipseは元々、Unix系で動作していたので、Windowsとの相性も悪かったらしい。

参考
http://zero-config.com/centos/eclipse-luna-001.html

http://home1.cyber-labo.co.jp/jamwiki-0.8.4/e-wiki/eclipse%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%86%EF%BC%81