CentOS
ログイン
.bashrc
screenfetch

ログインが楽しくなる!screenfetchを使ってCentOSで遊んでみた

screenfetchとは、Linuxのディストリビューションのロゴをアスキーアートで表示させてくれるものだが、今回はそれを使い、ログイン時に複数のパターンがランダムに出るようにして遊び心を加えてみた。

キャプチャ.PNG

ロゴ紹介

今回は以下のロゴを使用する。オプションをつけることで、例のようにそれぞれ表示することが出来る。

screenfetch -D 'CentOS'
cent.PNG

screenfetch -D 'Red Hat Linux'
rethut.PNG

screenfetch -D 'Mandrake'
hosi.PNG

screenfetch -D 'Fedora'
fedora.PNG

screenfetch -D 'pentax'
pengin.PNG

他にもロゴは沢山ある。気になる人は調べてみよう。

インストール方法

以下の順でインストールする

$ wget https://raw.githubusercontent.com/KittyKatt/screenFetch/master/screenfetch-dev

$ su -

# cp screenfetch-dev /usr/local/bin/screenfetch

# chmod 755 /usr/local/bin/screenfetch

設定

使用するユーザーのhomeディレクトリにある.bashrcファイルに下記を追記。
乱数を応用し、ログインする度に、コマンドがランダムに実行されるようにする。

.bashrc
SCREEN=$(echo "$(($RANDOM % 5))")

if [ "${SCREEN}" = "0" ]; then
     /usr/local/bin/screenfetch -D 'CentOS' 
elif [ "${SCREEN}" = "1" ]; then
     /usr/local/bin/screenfetch -D 'Red Hat Linux'
elif [ "${SCREEN}" = "2" ]; then
     /usr/local/bin/screenfetch -D 'Mandrake'
elif [ "${SCREEN}" = "3" ]; then
     /usr/local/bin/screenfetch -D 'Fedora'
elif [ "${SCREEN}" = "4" ]; then
     /usr/local/bin/screenfetch -D 'pentax'
fi

確認

以下のコマンドを入力して確認。無事、実行できれば成功。

. .bashrc

これで次回以降から、ログインする毎にランダムに表示される