Linux
ログイン
teraterm

TeraTermマクロ作成方法

作成前に事前にTeraTermのインストールが必要

用途

ログインの簡易化。ssh認証やパスワード認証を不要にし、クリックするだけでサーバー等へのログインが出来るようにする。※セキュリティ面に注意

作成手順

鍵認証の場合

1.ローカル環境で、テキスト等に以下の内容を記述 ※上3行のみ設定

username = 'ログインユーザ名'
hostname = 'ログイン先のIPアドレス(例:192.168.0.1)'
keyfile = 'ローカルに保存された秘密鍵のパス(例:C:\Users\foo\path\to\secret_key)'

msg = hostname
strconcat msg ':22 /ssh /auth=publickey /user='
strconcat msg username
strconcat msg ' /keyfile='
strconcat msg keyfile
connect msg

作成したテキストを「.ttl」形式のファイル名で保存する

2.ttpmacro.exeと関連付け

ダブルクリックし、実行プログラムを選択する際に、teratermプログラム関連のフォルダ内にある、ttpmacro.exeを選択。

そのまま実行すれば、ログインできる

パスワード認証の場合

1.ローカル環境で、テキスト等に以下の内容を記述 ※上3行のみ設定

username = 'ユーザー名'
hostname = 'IPアドレス (例 192.168.200.130)'
password = 'パスワード'

msg = hostname
strconcat msg ':22 /ssh /auth=password /user='
strconcat msg username
strconcat msg ' /passwd='
strconcat msg password
connect msg

作成したテキストを「.ttl」形式のファイル名で保存

2. ※ssh鍵ありの場合と同様