Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ubuntu on Docker で SSL/TLS 通信するとエラーになる問題の対処

More than 3 years have passed since last update.

Docker 用の Ubuntu イメージ は最低限のパッケージがインストールされていない。そのため、SSL/TLS 通信を行おうとすると以下のメッセージが出るだろう。 (以下は curl の場合)

curl: (60) SSL certificate problem: unable to get local issuer certificate

ここでは「その場しのぎのやり方」と「根本的な対処」と「なぜそんなことが起こりえるのか」の3つにわけて説明する。

その場しのぎのやり方

ここでは SSL/TLS 通信の使用頻度が高い代表的なプログラムの3つを取り上げて説明する。

  • git
  • curl
  • wget

git の場合

http.sslVerify を無効にする。

$ git config --global http.sslVerify false
$ git clone https://git.example.com/some/repository.git

元に戻す場合は http.sslVerifytrue にする。

curl の場合

-k をつけて実行する。

$ curl -k https://example.com

wget の場合

--no-check-certificate をつけて実行する。

$ wget --no-check-certificate https://example.com

根本的な対処

そもそも今回のエラーは CA の証明書が入っていないことが原因のエラーであり、Ubuntu イメージには CA の証明書が入ってない。

Docker イメージの構築段階、あるいはイメージ上で実行するスクリプトに
CA の証明書のパッケージをインストールすればよい。

$ apt-get install ca-certificates

これで「その場しのぎのやり方」をせずとも通常に SSL/TLS 通信が可能になる。

なぜそんなことが起こりえるのか?

通常 ca-certificates は推奨パッケージとして「その場しのぎのやり方」で取り上げたプログラムと共にインストールされる。

Recommended packages:
  ca-certificates

ところが apt-get--no-install-recommends を明示的につけると ca-certificates がインストールされなくなる。そのために起こるエラーである。

shimacpyon
しまぴょんです。主に C++/Qt について書いています。
http://blog.hikarin.jp
dwango
Born in the net, Connected by the net.
https://dwango.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした