WordPress
Vagrant
Docker
wp-cli
wocker

Wocker でテーマ作る時によく使うコマンド

More than 1 year has passed since last update.

基本的な使い方はこちらから

■Wocker Commands | Wocker

http://wckr.github.io/commands/

■wocker 使ってみた感レポ

http://qiita.com/mikakane/items/1bbabe4d27bebf28fd00


2016.01.12 追記

@Next_Season さんがイケてる方法書いてくれてます。

■wockerで初期設定をサクッと終わらせる

http://note.next-season.net/cms/wordpress/808



コマンド一覧


SSHでログイン

$ vagrant ssh


新規のコンテナ作成

既存のコンテナが起動していないか確認

core@wocker ~ $ wocker ps -a

コンテナが動いていなければ新規でコンテナ作成

core@wocker ~ $ wocker run --name CONTAINER_NAME


WP-CLI でコアのアップデート

core@wocker ~ $ wocker wp core update

// 日本語環境
core@wocker ~ $ wocker wp core update --locale=ja


日本語で WordPress を使用する

core@wocker ~ $ wocker wp core language install ja --activate

日本語にしたら必ず「WP Multibyte Patch」をインストールして有効化

core@wocker ~ $ wocker wp plugin install wp-multibyte-patch --activate


WP-CLI でプラグインをインストールして有効化

テーマ開発に役立つ以下のプラグインを一気にインストールして有効化する。

core@wocker ~ $ wocker wp plugin install theme-check debug-bar debug-bar-extender --activate


テーマユニットテストデータの日本語版をいれる

■jawordpressorg/theme-test-data-ja

https://github.com/jawordpressorg/theme-test-data-ja

core@wocker ~ $ wocker theme-test ja


もう少し簡単な確認をしたい

こちらを使用します。

■コンテンツエリアのマークアップで必要なHTMLの要素。コピペすると使える。 | Shinichi Nishikawa's

http://nskw-style.com/content-area-markup

コピペするの大変なので txt ファイルにして、 Gist だと更新したら URL 変わるので GitHub に勝手にあげてあるので curl で保存します。

cid=$(docker ps -q) && docker exec -u wocker $cid curl -OL 'https://raw.githubusercontent.com/shimakyohsuke/wocker_wp_post_create/master/content-area-markup.txt'

cid=$(docker ps -q) で、今動いているコンテナの確認。

docker exec -u wocker $cid curl -OL 'https://raw.githubusercontent.com/shimakyohsuke/wocker_wp_post_create/master/content-area-markup.txt' で、Nishikawa さんのデータを動いているコンテナに保存しています。

テキストファイルはこちらに置いてます。

https://github.com/shimakyohsuke/wp_post_create

コンテナに保存したテキストファイルを WP-CLI を使って投稿を作成

■wp post create | WP-CLI

http://wp-cli.org/commands/post/create/

wocker wp post create content-area-markup.txt --post_title='Nishikawa さんが作成したテーマユニットテストデータ' --post_status=publish

さくっと確認するのはこちらのほうがいいかもしれませんね。