Help us understand the problem. What is going on with this article?

Googleスプレッドシートの内容を読み込む

はじめに

こちらの記事は、

を使用してGoogleスプレッドシートの内容を読み込むサンプルです。

参考にした記事は、PHPでSheetsAPIを使用してGoogleスプレッドシートにデータを追記していくサンプル。です。

↑こちらの記事は、スプレッドシートの書き込みですが、この記事では読み込み方法を説明します。

ですので、上記の記事の

  • プロジェクトを作る。
  • スプレッドシート作成・共有設定
  • PHPからスプレッドシート追記 > 0. githubからcloneしてライブラリ導入
  • PHPからスプレッドシート追記 > 1. プロジェクト直下にダウンロードしたJsonファイルを設置

まで同じです!

Googleスプレッドシートの値を読み込む

サンプルソース

動作確認はしていないので、エラーになったらごめんなさい。

require_once __DIR__.'/vendor/autoload.php';

class GoogleSpreadSheetClass {
    protected $service;

    protected $serviceKeyJson = 'サービスアカウントキーが書いてあるファイル.json';

    function __construct() {
        putenv('GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=' . dirname(__FILE__) . '/' . $this->serviceKeyJson);

        $client = new Google_Client();
        $client->useApplicationDefaultCredentials();
        $client->addScope(Google_Service_Sheets::SPREADSHEETS);
        $client->setApplicationName('test');
        $this->service = new Google_Service_Sheets($client);
    }

    /**
     * @param string スプレッドシートID
     * @param string 最終列アルファベット
     * @param string 最終行番号
     * @return boolean 成功 or 失敗
     */
    function main($spreadSheetId, $lastColumnNumber, $lastRowNumber) {
        $lastRange = $lastColumnNumber . $lastRowNumber;

        try {
            $data = $this->service->spreadsheets_values->get($spreadSheetId, 'A1:' . $lastRange);
            var_dump($data->values);

        } catch (Exception $e) {
            return false;
        }

        return true;
    }

}

サンプルスプレッドシート

spread_sheet_sample.png

解説

spreadsheets_valuesの関数は、

  • 第一引数にスプレッドシートのID
  • 第二引数にスプレッドシートの範囲

を指定します。

スプレッドシートの範囲は、stringで「A1:D6」などと指定します。
開始から終了まで斜めで囲む感じですね。

返ってくる値

Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => メーカー名
            [1] => 弦の名前
            [2] => おすすめジャンル
            [3] => 価格
        )

    [1] => Array
        (
            [0] => Thomastik Infeld
            [1] => Spirocore Midium
            [2] => ジャズポップス
            [3] => 18,900+tax
        )

    [2] => Array
        (
            [0] => Thomastik Infeld
            [1] => Spirocore Light
            [2] => ジャズポップス
            [3] => 18,900+tax
        )

    [3] => Array
        (
            [0] => Pirastro
            [1] => Flexocor
            [2] => なんでも
            [3] => 28,980+tax
        )

    [4] => Array
        (
            [0] => Pirastro
            [1] => Original Flexocor
            [2] => オーケストラ
            [3] => 38,040+tax
        )

    [5] => Array
        (
            [0] => Pirastro
            [1] => The Jazzer
            [2] => ジャズ
            [3] => 28,440+tax
        )

)

スプレッドシートのファイル名を取得

コンストラクタまで一緒

$fileName = $this->service->spreadsheets->get($spreadSheetId)->properties->title;

スプレッドシートのシート名を取得

コンストラクタまで一緒。配列のインデックスは適宜調整。ループで回すなど。

$test = $this->service->spreadsheets->get($spreadSheetId);
$test->sheets[0]->properties->title;

これを作った経緯

あるデータを突っ込んで、WordPressで固定ページ作りたいということがあったので、スプレッドシートの一行ずつで固定ページを作成するような処理を書いたときにやったやつです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした