search
LoginSignup
13

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Chrome拡張機能をSafari拡張機能にコンバートしてみた - Big Sur

最新版のmacOS「Big Sur」がリリースされましたね。
Big Surの新機能のひとつに「Chromeの機能拡張をSafariに移植」できる機能が実装されました。

WebExtensions APIの新しいサポートと移行ツールを使って、デベロッパはChromeの機能拡張をSafariに移植できます。お気に入りのデベロッパによる新しいSafariの機能拡張を使って、ウェブ体験をカスタマイズできます。

本記事では、早速Chrome拡張機能からコンバートしてみましたので、その手順について書きます。

【注意事項】
執筆当時のマニフェストV2までに対応していますが、それ以上のマニフェストバージョンには対応しておりませんのでご注意ください。

コンバート手順・導入手順

以下の手順にて、コンバートから導入までを行います。

1 / macOSのアップデート

まずは、macOSをアップデートしてBig Surを入手してください。

2 / XCodeのアップデート

Safari拡張機能へコンバートするにはXCode 12の機能を使います。XCodeもApp Storeからアップデートしてください。

3 / コンバート

このページに記載のコマンドにてコンバートします。 
https://developer.apple.com/documentation/safariservices/safari_web_extensions/converting_a_web_extension_for_safari

ターミナルを開いて以下のコマンドを実行してください。
※ 「/path/to/extension」はChrome拡張機能のフォルダパスに置き換えてください。
 今回は自作の拡張機能を変換します。

xcrun safari-web-extension-converter /path/to/extension

実行すると、Chrome拡張機能の名前がApp Nameに表示されます。

Is this correct?(変換するものは、こちらで合ってますか?)と聞かれるので「yes」を入力します。

すると、Xcodeが起動し、以下のようなプロジェクトが作成されます。

XCodeで「▶️」を押下してビルドします。(以下、手順参考)
https://developer.apple.com/documentation/safariservices/safari_app_extensions/building_a_safari_app_extension#2957926

「Buid Success」と表示されればビルド成功です。

こんな画面が出ますので「Quit and Open Safari Extensions Preferences...」(終了してSafari拡張機能の設定を開く)ボタンを押下します。

4 / Safari拡張機能のインストール

Safariを起動して、「開発」 > 「未署名の機能拡張を許可」を押下します。

Safariのメニューから「Safari」 > 「環境設定」 > 「機能拡張」を選択すると、拡張機能の設定画面が開けます。

ビルドした拡張機能のチェックボックスをONにします。

5 / 動作確認、完了

最後にSafariで動作確認して完了です。
簡単でしたね。

おわりに

弊社、株式会社シクミヤでは業務自動化・効率化のご依頼を承っております。
「乱数表からの自動認証ツール」もその一貫で作成した成果物で、
乱数表PDFから認証画面へとコピペする手間を軽減するための拡張機能です。
ぜひお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
13