Edited at

FileZillaで誤操作対策設定(デバッグメッセージログを味方に!)

More than 1 year has passed since last update.

FileZillaの設定についての社内向けConfluenceを書いたので、自分用の備忘録も兼ねて転記しました。

CUIソフトって便利な半面、「うっかり誤操作」が怖いですからね。

社内的にも「うっかりし辛い/してもすぐに検知できる」設定を目指しています。


インターフェース

[編集] > [設定] > [インターフェース] > [ファイル一覧(ファイル リスト)] > [ダブルクリック時の動作] > [ファイルをダブルクリックしたときの動作]を「転送」(デフォルト値)から「表示/編集」に変更。

※誤動作でファイルがアップされてしまうのを防ぐため。

filezilla_opt1.png


ログ

[ログ] の[メッセージ ログのタイムスタンプを表示する]と[ファイルにログを記録する]にチェックを入れる。

※FileZillaを一度終了した後も、操作ログを残しておくため。

filezillalog.PNG


デバッグ

[デバッグ] > [デバッグ メニューを表示する]にチェックを入れ、[メッセージ ログのデバッグ情報]は[デバッグ]を選択する。

※これでメッセージログに、より詳細なデバッグメッセージが表示されるようになる。

filezilla_debug.png

NO MORE, インシデント!!(๑•̀ㅂ•́)و✧


参考サイト