search
LoginSignup
6

More than 3 years have passed since last update.

posted at

PycharmのProject:Interpreterで、PoetryのPythonを指定する

Poetry

Poetryはpythonのモジュール/パッケージ管理ツールです.
最近 pipenv の代わりに使い始めました.
参考)https://org-technology.com/posts/python-poetry.html

普段手元でサクッとコードを書くぶんには、特段Poetryの便利さは体感できてないです(pipenvとそんなに変わらない)
パッケージ配布とかをするのであれば、恩恵があるのかなと思っています.

Poetryのインストール先

Poetryの設定やコマンドからpythonのインストール先がサクッとわかるのかなと思ったら、少し探したので覚書き的に書いておきます.
私の場合、以下のpathでインストールされていました.

ls ~/Library/Caches/pypoetry/virtualenvs/dev-py3.6/bin/python

dev-py3.6 の部分はインストールしたpythonのバージョンによって異なるはずです.

こちらのパスを Pycharmの Project:Interpreter に設定しましょう.

Pycharmの設定

Pycharmでは御存知の通り Project:Interpreter の設定からPythonモジュールを読み込みます.
PoetryがインストールするPythonを指定しないと、Pycharmに Unresolved Reference 'hogehoge' で怒られてしまいます.

  1. PyCharm -> Preference -> Project:Workspace -> Porject Interpreter と進みます. Preferences_と_Workspace____Workspace__-_____merpay-creditscore_features_composer_v20_dags_dag_prediction_py__Workspace_.png
  2. 右端の歯車をクリックして、 addを選択します
    Preferences_と_Workspace____Workspace__-_____merpay-creditscore_features_composer_v20_dags_dag_prediction_py__Workspace_.png

  3. Existing environmentにチェック. パスからPoetryのインストールしたPythonの選択します.
    Add_Python_Interpreter_と_Preferences.png

    Add_Python_Interpreter_と_Preferences.png

  4. OKを押してダイアログを閉じると、設定が反映されます.
    Preferences_と_Workspace____Workspace__-_____merpay-creditscore_features_composer_v20_dags_dag_prediction_py__Workspace_.png

おまけ

私のよく使うpoetryコマンド(alias)

# poetry
alias po='poetry'
alias poa='poetry add'
alias poc='poetry config'
alias por='poetry run'
alias porm='poetry remove'
alias pos='poetry show'

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
6