RaspberryPi
raspberrypizero

ついに来た Raspberry Pi Zero W

今回は

 WifiとBLE(Bluetooth Low Energy)内蔵のRaspberry Pi Zero W がついに来たので早速動作確認した結果を投稿します。
 OSからの入れ直しなので初期設定用メモも兼ねてます。

Raspberry Pi Zero Wはどう違うのか

 Raspberry Pi Zeroで、WifiとBLEを使用するには USBHUB + wifiドングル + BLE対応bluetoothドングルが必要です。一方のRaspberry Pi Zero W はWifiとBLEは内蔵なのでUSBHUBやドングルなしで実現できます。

↓左がRaspberry Pi Zero W、右がRaspberry Pi Zero。 サイズは同じ!
20170314_210859-1.jpg

↓Raspberry Pi Zeroで WiFi と BLE を使用するにはこんな構成だった
20170314_211653-1.jpg

↓Raspberry Pi Zero W だと何もいらない!内蔵!
20170314_211840-1.jpg

動作検証OK!

Raspberry Pi Zero W でのWifiとBLEの動作検証は問題なくOKでした。
検証は以下の内容です。
※初期設定も兼ねてますので初期設定内容も含まれています。

初期設定の定義

  • rootでssh接続を可能にする
  • Wifi設定は固定IP
  • i2cはEnableにする
  • ホスト名とコマンドプロンプトは変更する

手順一覧

  • OSダウンロード
  • SDカードに書き込み
  • モニタ(HDMI)とキーボードをつないで起動
  • 起動したらログイン
  • ユーザをrootに変更
  • rootパスワードを設定
  • raspi-config で タイムゾーン、キーボードタイプを変更、sshとi2cをenableにする。
  • ssh接続許可設定
  • ホスト名とコマンドプロンプト変更
  • Wifi設定
  • reboot
  • sshでログイン確認
  • BLE検証
  • sdカードのイメージバックアップ

手順詳細

OSダウンロード

Raspberry pi Zero W は Raspbian 2017-03-02版 からサポートしているのでOSから入れ直しになりました。
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/
詳しくはリリースノートを参照
http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/release_notes.txt

SDカードに書き込み

Win32DiskImager を使用してダウンロードしたOSイメージファイルをSDカードに書きこみます

モニタ(HDMI)とキーボードをつないで起動

↓こんな感じ
20170314_212541.jpg

起動したらログイン

idは、pi
passwordは、raspberry

ユーザをrootに変更

sudo su -

rootパスワードを設定

passwd

raspi-config で タイムゾーン、キーボードタイプを変更、sshとi2cをenableにする。

raspi-configコマンドで↓の画面が表示される
raspi-config.PNG

変更する箇所は以下のメニューから
4 Localisation Options
┗I2 Change Timezone
 ┗Asia
  ┗Tokyo

┗I2 Change Timezone
 ┗I3 Change Keyboad Layout
  ┗Generic 105-key (Intl)PC
   ┗other
    ┗Japanese
     ┗Japanese
      ┗The default for the keyboad layout
       ┗No compose ky

5 Interfacing Options
┗P2 SSH
 ┗Enable Yes

5 Interfacing Options
┗P5 I2C
 ┗Enable Yes

日本語キーボードを有効にするため再起動する

reboot

login:root
password:********先ほど設定したrootのパスワード

ssh接続許可設定

vi /etc/ssh/sshd_config

rootログインを許可(パスワード入力で)する設定に変更する

PermitRootLogin yes
#PermitRootLogin without-password

ホスト名とコマンドプロンプト変更

vi /etc/hostname

以下の内容に変更する

raspberrypi-204

vi /etc/hosts

以下の内容に変更する

127.0.0.1       localhost
::1             localhost ip6-localhost ip6-loopback
ff02::1         ip6-allnodes
ff02::2         ip6-allrouters

127.0.1.1       raspberrypi-204

Wifi設定

vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

以下の内容に変更する
ステルス設定されているアクセスポイントの場合は、scan_ssid=1 を指定する

#country=GB
#ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
#update_config=1

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
    ssid="xxxx"
    proto=WPA2
    key_mgmt=WPA-PSK
    psk="xxxxxxxxx"
    scan_ssid=1
}

vi /etc/network/interfaces

以下の内容に変更する

# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)

# Please note that this file is written to be used with dhcpcd
# For static IP, consult /etc/dhcpcd.conf and 'man dhcpcd.conf'

# Include files from /etc/network/interfaces.d:
source-directory /etc/network/interfaces.d

auto lo
iface lo inet loopback

iface eth0 inet manual

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
address 192.168.0.204
network 192.168.0.0
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.0.255
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 192.168.0.1

#allow-hotplug wlan1
#iface wlan1 inet manual
#    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

reboot

設定は以上なので再起動します。

sshでログイン確認

ログインできればWifiはOKということ
rootでログインできることを確認する

BLE検証

Raspberry Pi Zero W から hciconfig hci0 leadvコマンドでBLE iBeacon信号を送信して、スマホで 送信電波を受信していることを確認した。
※ホスト名とRSSIを確認しただけで、コネクション確認はしていません。
Screenshot_2017-03-17-19-57-39.jpg

sdカードのイメージバックアップ

検証と設定が完了したので、この設置状態でバックアップとって終了とします。

Raspberry Pi Zero Wの電源を切り、SDカードを抜いてから
Win32DiskImager を使用してSDカード内容をPCのDiskに書きこみます

次にやること

Raspberry Pi Zeroで作成中のドローンで使用する。軽量化できるしBLE利用もできますので!