Edited at

IntelliJでプロパティのnative2ascii変換をEclipse互換にする


IntelliJとEclipseのnative2ascii変換の違い

IntelliJではSettingsFile EncodingsTransparent native-to-ascii conversionをオンにするとJavaのプロパティファイルを透過的にnative2ascii変換してくれます。


元のプロパティファイル

log.error=エラーが起きました



IntelliJで変換

log.error=\u30A8\u30E9\u30FC\u304C\u8D77\u304D\u307E\u3057\u305F


ですが、Pleiades All in Oneに同梱されているProperties Editorを使うとIntelliJと違い小文字に変換されます。


Eclipseで変換

log.error=\u30a8\u30e9\u30fc\u304c\u8d77\u304d\u307e\u3057\u305f


Eclipse使いが大半を占める中で一緒に開発していると、1文字変更しただけでも大文字小文字の違いでほとんどの値に差分が出てしまい、本当の差分が分かりにくくなります。


IntelliJでも小文字に変換する

IntelliJではnative2asciiの大文字小文字変換のようなニッチな設定も可能です。

ニッチ故に少し面倒ですがidea.propertiesに以下の値を追加します。


idea.properties

idea.native2ascii.lowercase=true



idea.propertiesの場所

WindowsとLinuxの場合はIntelliJをインストールしたフォルダの中にあります。


WindowsとLinuxの場合

<IntelliJ IDEA installation folder>/bin/idea.properties


Macでも同じようにIntelliJをインストールしたフォルダの中にありますが、

~/Library/Preferences/IntelliJIdea12/idea.propertiesにコピーするとこちらが優先されます。

コピー先のフォルダはバージョン毎に異なるので、バージョンアップしたときは忘れないように再度コピーして設定してください。


Macの場合

~/Library/Preferences/IntelliJIdea12/idea.properties

/Applications/IntelliJ IDEA 12.app/bin/idea.properties

これでEclipse使いが多い開発でも安心です。


IntelliJ IDEA 2018.3 Help

以上の内容はIntelliJのヘルプを参考にしました。