Help us understand the problem. What is going on with this article?

卓上電卓と電卓アプリで計算結果がちがってくるはなし。とExcelの乗算について

More than 1 year has passed since last update.

この記事は actindi Advent Calendar 2018 の2日目の記事です。

最近、卓上電卓を使っていますか?

スマホの普及で、スマホ内の電卓アプリを使ったり、googleの検索窓を使う、なんて人も多いかと思います。

電卓アプリや検索窓で計算をする場合は、ちょっと注意が必要です。以前まで使っていた、卓上電卓と同じ感覚で使ってしまうと、求めている答えと違ってくる場合があります。

4+4×4=?

これを卓上電卓で計算すると32になります。
4+4=8
8×4=32
入力した順番通りに計算してくれます。

しかし、スマホアプリや検索窓を使うと20という答えになります。
4×4=16
4+16=20
これは計算をする順番に違いがあります。小学校の授業を思い出してください。

四則演算は乗算と除算を先頭から行う必要がある。

googleやスマホ内アプリは計算の順番を考慮してくれているのです。
でもこれってこのことを知ってないとちょっと大変です。

こんなシーンで電卓を使うとします。
130円のお菓子と160円のお茶を17人分購入すると、いくら必要か。

130+160×17=?

求めたい答えはこれですね。
130+160=290
290×17=4930

卓上電卓で計算すると問題なくこの値がでます。
しかし、この計算をアプリや検索窓で行うと、
pict.png

乗算を先に計算してくれるので、全く違った値になってしまいます。
余計なことしないでー!と思うのですが、仕方ありません。
ちなみに、Excelでも同様です。求めたい答えを出したいなら、
=(130+160)*17
()を忘れずに付けましょう。

4~5年前にちょっと話題になった、計算問題。
6÷2(1+2)=?
これも、小学校で習ったことを思い出すと、

*括弧から先に計算する
*乗算と除算を左から計算する
*加算と減算を左から計算する

なので答えは9ですね。

ちなみに、電卓アプリでも卓上電卓と同じ感覚で使えるアプリもありますし、
卓上電卓でもちょっとイイヤツは、計算の順番を考慮してくれる電卓もあります。

最後に、ちょっと知っておくと便利なExcelの使い方。

pict0.png

このような表の各値に1.08を乗算したい場合、
玉ねぎの価格の下のセルに、数式を入力しても良いのですが、

pict3.png
pict5.png
pict6.png
pict8.png

こうすると、一気に値が変わります。
四則演算はすべてできるので、何十列・何十行の表の値全てを2倍にしたい・・
といった時には非常に便利かと思います。

是非、活用してみてください。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away