7
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

ノーコードWebサイト作成サービス4つを軽く使ってみた感想

ノーコードでWebサイト作れるサービスの違いって何なん?

今ぐんぐん大きくなっている、ノーコード市場。
中でも、コーディング出来なくてもWebサイトが作れる!と言うのは昔から人気ですよね。

ノーコードでWebサイトを作れるのはコーディングしない人にとってかなり魅力的なサービスですが、正直いっぱいありすぎて…何を選んだら良いのか分からん。
実際どれが良いん?
と言う声もよく聞きます。

私も純粋に気になったので、「WordPress.com」「Wix」「Jimdo」「STUDIO」の4つを軽く使ってみて、比べてみました。
※今回はあえて「ノーコードでWebサイトを作成する場合」という観点で見てみました。

WordPress.com

WordPress.com
言わずと知れたWebサイト構築サービス。
主に自分で借りたレンタルサーバーにインストールして作成&公開する。
近年はノーコードと言うより、結局コーディングして拡張するのが主流になっているように思いますが。。
自由度が高く、拡張しやすいので企業サイトなどにもよく使われています。

  • メリット
    • 巷に日本語の情報が溢れているので扱いやすい。本もたくさん出ている。
    • 自由度、拡張性が高いので、ブログからメディア系サイト・企業サイト・ECサイトまで何でもござれ。
    • 無料のプラグインや無料テーマが大量にあるので気軽に機能追加できる。
    • 自前のレンタルサーバーに構築するため、設定ファイル等を細かくいじったりできる。
  • デメリット
    • 基本がブログ特化なので、ブログ機能を全く使わない場合はちょっと勿体ない気もする。
    • 無料テーマにはシンプルなデザインが多く、凝ったデザインにするにはカッコいい有料テーマを買うか、コーディングでの拡張が必要。

Wix

Wix
パワポを作るように、直感的にWebサイト作成ができるサービス。
数個の質問に答えるだけで、AIが「作りたいのはこんな感じのサイトっしょ?」といい感じのテンプレを作成してくれる『Wix ADI』という超便利な機能も。
デザインがそこそこカッコいいので、イベントサイトやポートフォリオサイト、イケてるネットショップとかに向いているかなと思います。

  • メリット
    • 直感的にサクサク作れる上、デザインが分からなくてもそれなりにカッコよくなる。
    • 作成〜公開、運用まで全てWixだけで完結するので、レンタルサーバーを借りなくて良い。
    • ネットショップ開設機能やブッキング機能など、幅広く便利な機能を追加できる。
    • 作成した複数のサイトを「マイサイト」でまとめて管理できるのが地味に便利。
  • デメリット
    • 若干公式の日本語訳が分かりづらかったり、まだ英語での情報が多かったりする。
    • サポートが手厚い分、自由度は低く細かい部分の調整がしにくい。

Jimdo

Jimdo
とにかく操作が滅茶苦茶に簡単。AIビルダーで楽ちんです。
基本はWixと似ていて、直感的な操作でサクっと作成できて「Wixを超簡単にした」という感じ。
NPO団体とか、個人事業やってる日本人がよく使ってるような(勝手な)イメージがありますね。

  • メリット
    • 最初の作成画面で、ボタン一つでFaceBookと連携できるので個人事業主とかに超向いてる。
    • Wix同様、作成〜公開、運用まで全て完結できるのでレンタルサーバー不要。
    • とにかく簡単。Wixより簡単。3分でWebサイトが作れる。
    • 使ってる日本人が多いからか、結構日本語の情報が多め。
  • デメリット
    • デザインは良くも悪くも普通。凝ったデザインにしたい場合は微妙。
    • これもWix同様、自由度が低く細かいデザイン調整や機能追加などはしにくい。

STUDIO

STUDIO

これ、恥ずかしながら昨日まで知りませんでした。カッコいいですね。
cookpadの特設サイト(https://athome.cookpad.com/) が事例として紹介されてますね。
CMSの記事上限数も少なめなので、デザイン重視のイケてる採用サイトや特設サイトに向いているような気がします。

  • メリット
    • デザインがカッコいい、イケてる。STUDIOに関する情報発信してるサイトもかっこいいのが多い。
    • 「STUDIO for Teams」ではリアルタイムで複数人でのデザインができ、チームでの作成がしやすい。今後はコーディングでの機能追加もリアルタイム反映される予定らしい。
    • px単位でのレイアウトや写真の色彩など、デザインをかなり細かく調整できる。
    • イケてるテンプレのレイアウトがpxレベルで分かるし白紙からも作れるし、Webデザインの勉強にはめっちゃ便利な気が。
  • デメリット
    • デザイン部分を細かく触れる分、操作できることがかなり多いので戸惑いがち。メリデメは表裏一体。
    • FREE,BASICプランだとCMSが5記事制限なので、記事をたくさん更新していきたい場合は微妙。(PROは1000記事まで)

以上、4つのサービスを実際に触ってみて感じたことでした。

  • どうしたらいいかよく分からんけどサクっとサイト作りたい!って方はWixかJimdo
  • ノーコードでの機能追加を重視するならWix
  • ある程度デザインにこだわってカッコいいサイト作りたい!って方はSTUDIO
  • 長期スパンで記事投稿し続けてファン獲得したいし拡張性も欲しい!って方はWordPress
    が良いのではないかと思いました。

コーディングする身からしたらやっぱりWordPressが一番とっつきやすい気はしますが、STUDIOは注目のサービスかなと思いますね!
個人的には、STUDIOのコーディングのリアルタイム反映がどんな感じか触ってみたいものです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
7
Help us understand the problem. What are the problem?