Edited at

windowsにopam2をインストールする


動機

SATySFiの環境構築に必要だったのでインストール手順を残しておく


Cygwin環境

windows上でlinux環境を楽しむためのもの

windowsの場合opamはこのCygwin上で動かすことになるが

すでにCygwin環境がある人とない人でインストール手順が変わってくる


インストール手順

基本的に以下のリンク先に従うだけ

http://fdopen.github.io/opam-repository-mingw/installation/

上記のリンクを開くと以下の画像のようになってるはず

fig1.jpg

上の「Graphical Installer」がCygwin環境のない人用で

下の「Manual Installation」がすでにCygwin環境がある人用の項目となる


Cygwin環境がない人

Graphical Installerのところに置いてあるインストーラをダウンロードして実行するだけ

これでopamが入ったCygwin環境が構築されるはず(自分はCygwin環境がすでにあったのでこっちは試してない)


Cygwin環境がある人

Cygwin環境がすでにある人はインストールして終わりとはならない(と言ってもやることは簡単だが)

1. まずCygwin環境に以下のパッケージを揃える

- rsync

- patch

- diffutils

- curl

- make

- unzip

- git

- m4

- perl

- mingw64-i686-gcc-core か mingw64-x86_64-gcc-core.

2.「Manual Installation」のDownload links:に置かれているファイルをダウンロードする(このとき32bit版,64bit版どちらをダウンロードしたかで,あとの処理が分岐する)

3. ダウンロードされたファイルが存在するディレクトリでCygwin環境のターミナルを開く

4-1.32bit版をダウンロードした人はターミナル上で以下の4つのコマンドを上から順番に実行する

[user]$ tar -xf 'opam32.tar.xz' 

[user]$ ./opam32/install.sh /usr/local
[user]$ opam init default "https://github.com/fdopen/opam-repository- mingw.git#opam2" -c "ocaml-variants.4.07.1+mingw32c" --disable-sandboxing
[user]$ eval $(opam config env)

4-2. 64bit版をダウンロードした人は以下の4つのコマンドを上から順番に実行する

[user]$ tar -xf 'opam64.tar.xz' 

[user]$ bash opam64/install.sh /usr/local
[user]$ opam init default "https://github.com/fdopen/opam-repository-[user]$ mingw.git#opam2" -c "ocaml-variants.4.07.1+mingw64c" --disable-sandboxing
[user]$ eval $(opam config env)

どちらもやることは同じ

5. ターミナル上で以下を実行して

[user]$ opam --version

ちゃんとopamのバージョンが返ってきたらインストール成功


注意

opamのCygwinとの連携はログイン起動したシェルで行われる.


最後に

ドキュメントがちゃんとしててよかった