Help us understand the problem. What is going on with this article?

ローカル開発環境を構築する

目的

  • Rubyをいざやるぞとなったところ、ローカル開発環境ができていなかったので、ローカル開発環境を行う。
  • 転職するたびに、開発PCが変わるので開発環境をつくるのめんどくさい。
  • ドットインストールの講義 https://dotinstall.com/lessons/basic_localdev_mac_v2/38502

今回やること

  • ローカル開発環境を構築する。
    • Rubyをいじるための
  • Virtulbox と Vagrantを使用する。

Virtualboxとは

  • 使用しているPCに仮想環境を構築して、他のOSをインストールすることのできる仮想ソフト。
    • 導入することで、Mac環境でWinやLinuxなどの複数のOSを切り替えて使用することが可能。
  • 参考 : https://www.sejuku.net/blog/72833

Virtualboxのインストール

  • 今回は、Virtualboxの6.0.14 platform pkgをDL
    • 講義だと、かなり前のものを使っている感じらしい。(3〜4年前?)
  • Macなので、OS X hosts

Vagrant とは

仮想マシンの構築

階層構造は下記の画像のものを作る。
image.png

上記の階層構造のうち、MyCentOSのディレクトリを作成する。
ターミナルを開いて基本的にコピペすれば可能。

# ホームディレクトリに移動
cd

# 今後複数の仮想マシンを作ることを想定して、それらをまとめるフォルダ(MyVagrant)を作る
mkdir MyVagrant

# MyVagrantに移動する
cd MyVagrant

# 仮想マシンを作るフォルダを作る(MyCentOS)
mkdir MyCentOS

# MyCentOSに移動する
cd MyCentOS

# 仮想マシン設定用のVagrantfileを作る
vagrant init bento/centos-6.8

# Vagrantfileを編集して仮想マシンのIPアドレスを192.168.33.10にする
sed -i '' -e 's/# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"/config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"/' Vagrantfile

# 仮想マシンを起動する(少し時間かかります)
vagrant up

# 仮想マシンの状態を確認する
vagrant status

// ここで、runnningになれば成功。

この画面になれば、仮想環境に入れている。

[vagrant@localhost ~]$

image.png

今回学んだこと

  • ターミナルコピペで意味わからなくても大抵のことができる。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away